« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の4件の記事

2016年4月 2日 (土)

ふろくの花園 35.少女とふろくの歳時記 お花見

 東京の桜も満開となり、お花見シーズン真っ盛り!
 桜の木の下で飲んだり食べたりしながら花の美しさを楽しむ「お花見」は、春に欠かせない行事の一つです。

 今でこそ「お花見」といえば桜ですが、奈良時代までは梅の花を眺めることでした。
 桜の花を眺める「お花見」の習慣は、平安時代に始まったとされています。
 貴族の間で桜の木を植えるのが流行り、春にふさわしい花として「お花見」の花が梅から桜に変わっていきました。満開の桜を味わい、その美しさを歌に詠んだり音楽を演奏したりして楽しむ宴が貴族の遊びとして盛んになったそうです。
 また、武士にとっても、花が一斉に咲き一斉に散る様子が潔いとして好まれました。
 貴族の行事だった「お花見」が、町の人たちの間でも行われるようになったのは、江戸時代の中ごろのことです。
 将軍・徳川吉宗が各地に桜の木を植えて、桜の名所を作りました。町の人たちもその名所に出かけて、桜を鑑賞する風習が広まります。桜の下で小唄や俳句を楽しむなどにぎやかだったようで、現在のように桜を見ながらお酒を飲んだり、お弁当を食べたり、歌ったりして大騒ぎする習慣はこのころから始まりました。

 古くは桜といえばヤマザクラでした。しかし、「お花見」が盛んになった江戸時代の終わりごろに江戸の染井村(現在の豊島区駒込)で観賞用につくられたソメイヨシノが、花の美しさだけでなく、育ちが早く病気に強いことで全国に植えられるようになり、今や日本で最も知られている桜となっています。
 JR山手線駒込駅の電車発車時の音楽が『さくらさくら』なのは、このような由来があるからなのですね。

 さて、「お花見」をいかに楽しめるかは、場所取りにかかっているといっても過言ではありません。新入生や新入社員の“初めての仕事”と呼ばれることもある場所取りは、そのトラブルの様子がしばしばニュースで取り上げられるほど、毎年熾烈な戦いが繰り広げられています。
 この「お花見」の場所取りをテーマにしたゲームがふろくに登場しました。

 「わんころべえ お花見陣取りゲーム(なかよし 1995年4月号)」は、「お花見にぴったりの満開のさくらがさきました。はやく桜の木まで行って、お花見のための陣取りをしましょう!!」というゲームです。

 4人で遊ぶゲームで、好きなキャラクターを選び、自分のコマ4つを持ってスタート。サイコロをふってコマを進め、いちばん最初に4コマすべてをゲーム盤中央にある桜の木のマスに入れることができた人が勝ち! ただし、他の人のコマと同じマスに止まってしまったら2マス戻らないといけない決まりもあります。
 最初に桜の木のマスまでたどりついた人が陣取りの“主〈ぬし〉”となり、後から来た人は“主”とじゃんけんをして勝たないと1個目のコマを桜の木のマスに入れられません。1個目のコマを桜の木のマスに入れることができたら、残りのコマは“主”とじゃんけんをしなくても、どんどん入ることができます。
 とにかく“主”になってじゃんけんに勝ちまくり、他の人のコマが桜の木のマスに入るのをじゃまするか、“主”にならなくても4つ全てのコマをじわじわと進めていき、他の人が桜の木のマスに近づくのをじゃましつつ、一度じゃんけんに勝って残りを一気に桜の木のマスに入れていくかなど、勝つための戦略をいろいろと考えてみるのも楽しみの一つでしょう。
 友だちや家族みんなとワイワイにぎやかに遊べる、本物の場所取りさながらの白熱しそうなゲームです。

 春の行楽のイメージが強い「お花見」ですが、昔の農民にとっては娯楽ではなく、秋の収穫を祈願する大切な行事でした。
 桜の花は稲の花に見立てられ、秋の実りの占いに用いられていたとのこと。桜の木は春になると山から下りてくる田の神が宿るところとされ、桜の木の下で神様を迎え、料理や酒でもてなして、田植えの前にその年の豊作を祈っていたそうです。

 「お花見」と言いつつどんちゃん騒ぎばかりで、花なんか見てないんじゃないのと常々思っていたのですが、このような由来から酒盛りにも意味があることを知りました。
 これからは、レジャーシートの上でベロンベロンに酔っぱらってどうしようもなくなってる人たちがいても、これまでよりも広い心で見守ることができそうです。

 では、今日はこれから「お花見」に行ってきます。

※行事・風習の由来については諸説あります

〈参考文献〉
『12か月の絵図鑑 季節を知る・遊ぶ・感じる』長谷川康男 監修 PHP研究所 2015年
『親子でたのしむ日本の行事』平凡社 2014年
『かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 4月のまき』かこさとし 文・絵 小峰書店 2012年
『辞書びきえほん もののはじまり』陰山英男 監修 ひかりのくに 2010年
『こども きせつのぎょうじ絵じてん 増補新装版』三省堂編修所 編 三省堂 2009年
『ポプラディア情報館 年中行事』新谷尚紀 監修 ポプラ社 2009年
『はじめて知る みんなの行事とくらし』学習研究社 2008年
『親子で学ぶ 季節行事とマナーの基本』クレア 編著 毎日コミュニケーションズ 2007年

2016年4月11日 (月)

今また人気!? タトゥーアクセサリー

 朝の情報番組を見ていたら、春の流行アクセサリーとして「タトゥーチョーカー」なるものが紹介されていました。テグスで編まれている輪っか状のもので、ゴムのように伸縮性があるためビヨ~ンと伸ばして頭から簡単に首につけられます。肌にピッタリフィットするためつけてる感もあまりなく、まるでタトゥーをしているように見えるのがオシャレだそう。
 ここまで見てて気づきました。あれ? これ前にも流行ったよね。確かふろくにもなってたような――

 そこで探してみたところ、「ちゃおオリジナル タトゥーアクセサリー(ちゃお 1999年・平成11年10月号)」が見つかりました。

 この新感覚のアクセサリーが前回流行したのは1999年のこと。当時大人気の歌手・安室奈美恵さんがつけていたことで注目を集めだし、女子中高生を中心に人気が広がります。「ワイヤータトゥー」ともよばれていました。

 ふろくの「タトゥーアクセサリー」は、ピンクのオリジナルカラーがかわいい、少女向けに作られた直径5cmほどのブレスレットタイプです。
 「大流行のタトゥーアクセサリーがふろくについたっ!! これはもう、友だちにみせびらかすっきゃナイ! 思いっきりうらやましがらせてあげよー」というコピーからも、年少の少女までもが欲しがる人気のアクセサリーだったことが感じ取れます。
 さらには、一緒についているシールをチャームのように貼って、自分だけのオリジナルアクセサリーを作ることもできました。「シールでオリジナルにできるのがサイコーだね」というおたよりも届いていて、その点でも少女たちのオシャレ心をくすぐったようです。

 ネット上では2014年ごろからすでに話題になっていたようなので、約15年ぶりの人気復活になるのでしょうか。
 「流行は繰り返す」と、特にファッション関係でよくいわれますが、そのおかげで今回、記憶の底に埋もれかけていたふろくと再び出会うことができました。

2016年4月28日 (木)

ふろくの花園 36.少女とふろくの歳時記 新学期お役立ちグッズ

 春4月、新学期が始まりました。校舎や教室、先生やクラスメイト、教科書など、たくさんの新しいものたちと過ごすこれからの1年、どんな出会いと出来事が待っているんだろうと、ワクワクした気持ちになりますね。
 4月のふろくは少女たちの進級・進学に合わせ、ペンケースやノートといった学校で使える文房具が主となることが多いのですが、その中でも、少女たちにとっての新たなスタートとなる、新学期ならではのお役立ちふろくを紹介していきましょう。

 まずは、名前を書いて持ち物にペタッと貼るネームシール。新学期用に新しくそろえたノートや筆箱につけると、フレッシュな気分になって勉強もはかどりそうです。
 1960年代から「新学期のネームカード(なかよし1962年4月号)」や「新学期おなまえカード(なかよし1967年5月号)」といった、自分の持ち物に名前をつけるためのふろくが登場していますが、このころはまだ“カード”であって現在のようなシールではなく、カードに自分でのりをつけてノートに貼ったり、ひもをつけてネームタグとしてカバンにつけたりして使うものでした。
 1970年代からは雑誌生まれのスターであるマスコットキャラクターや人気漫画のキャラクターが描かれたネームシールが登場します。

 7色の文字が書けるレインボーカーボンがついた「新学期バラエティーネームシール(なかよし1982年4月号)」をはじめ、ラミネートフィルムを上から貼ることで水にも強いシールや、イラストが浮き立つ透明のシールなど、ふろくのネームシールは年を追うごとに実用性を増し、少女たちの持ち物をさらにかわいく彩るようになりました。

 1週間に受ける授業を曜日・時間ごとに分けて表にした時間割表は、いつも見られるようお部屋に飾ったり、生徒手帳や定期入れなどに入れて持ち歩いたりと、学校生活を送る少女たちには欠かせません。
 「なかよし時間表(なかよし 1955年4月号)」や「かざりじかんひょう(なかよし 1957年4月号)」など創刊当初の1950年代から登場している、新しい時間割が始まる新学期にピッタリのふろくです。

 「ミニ・アイドルカード(りぼん 1979年4月号)」は、時間割表のほかカレンダーもついた定期券サイズのカード3枚セット。この場合の“アイドル”とは芸能界のスターではなく、人気漫画家の先生方が描いたオリジナルの男の子たち。芸能人のブロマイドのように、自分好みの美形イラストの時間割カードを毎日持ち歩けるという、雑誌生まれのスターが輝きを見せていた時代ならではのふろくといえるでしょう。
 「ウィークリー・メモボード&クラススケジュール(りぼん 1988年4月号)」や「キン太のウィークリーメモ(ちゃお 1990年4月号)」は、時間割表と書いたり消したりできる1週間のスケジュール表が1枚になった使えるメモボードタイプです。
 ティーカップ型がかわいい「花ちゃん ティーカップ時間割り(りぼん 1989年4月号)」や、透明のスケールをセットして毎日の時間割チェックができる「ミラクル★ガールズ 時間割りスタンド(なかよし 1993年4月号)」など、机の上に飾って使える時間割表も。
 なかでも、「翠ちゃん ひみつフォトスタンド(りぼん 1993年4月号)」は、一見普通の時間割表が机に置かれているだけなのですが、時間割表の後ろにないしょの写真を入れることができ、めくるとこっそり見ることができるというアイデアスタンド。写真を見るときのドキドキ感も楽しい、おうちの人や遊びに来たお友だちにちょっぴり隠し事ができちゃった、少女たちの乙女心をくすぐるふろくです。

 1年間の予定や出来事を書きこむスケジュール手帳やダイアリーといえば、新年が始まる1月から新しいものにすることが通例ですが、近年では年度始めに合わせた“4月始まり手帳”もずいぶん普及しています。
 『なかよし』『りぼん』『ちゃお』各誌も1990年代に、少女たちのスクールライフに合わせた“4月始まり手帳”が新学期の定番ふろくとなりました。
 4月から翌年3月までのスケジュールやカレンダー、アドレスメモやおこづかいメモ、フリーメモといった基本的な手帳の内容だけでなく、人気漫画のキャラクター紹介、漫画家の先生大辞典や占いコーナーなどの読み物コーナーも充実していて、1年間ずっと使える工夫がされています。

 「新田舎ノ中学生徒手帳(なかよし 1991年4月号)」は、人気漫画『きんぎょ注意報!』の舞台となる「新田舎ノ中学校」の生徒手帳という設定でつくられたスケジュール手帳。「この学校の生徒であることを証明する」身分証明書や校則、校歌、生徒心得も載っていて、学校からもらう本物の生徒手帳さながらです。まるで自分も「新田舎ノ中学校」の生徒になったようで、漫画の登場人物気分が味わえる楽しい手帳です。

 少女たちの新学期を応援するお役立ちふろく。教室で同じものを使っている子を見つけて声をかけ、ふろくがきっかけで仲良くなった少女たちもいたのでしょうね。

2016年4月30日 (土)

ふろくの花園 37.少女とふろくの歳時記 新学期の友だちづくり

 春4月、入学やクラス替え、塾、おけいこごとなどで、新しい仲間たちと出会う機会も多くなることでしょう。
 「今度のクラスで友だちできるかな……」「ダンス教室の〇〇ちゃんともっと仲良くなりたいな……」といった、不安や期待で胸がドキドキの新学期、少女たちの友だちづくりを応援するふろくを紹介します。

 「氏名・住所・勤務先・身分などを印刷した長方形の小形の紙札(デジタル大辞泉)」である名刺。初対面の相手と交換することで、自分のことを覚えてもらうと同時に今後のコミュニケーションを円滑に行うためのツールです。
 1970年代、少女たちに向けたふろくにも、名刺とカードケース、アドレス帳の3点セット「大流行! デラックスお名前カードセット(なかよし 1970年1月号)」が登場します。
 「いま日本じゅうの少女のあいだで、名刺をもつことが大流行。だいすきなお友だちに、あなたのおなまえ、住所、電話番号を書いてさしあげてね」という説明のとおり、大人の間で主にビジネスシーンに使われていた名刺を、少女たちの自己紹介でも交換する習慣がこの頃からはじまっていました。
 1960年代までは、ふろくの“おなまえカード”といえば、個人的に使う名前シールや名札だったのですが(36.少女とふろくの歳時記 新学期お役立ちグッズ 参照)、1970年代からは「ネームカードで自分を売りこまなくちゃ、お友だちやBFはできないわ」とコピーにあるように、友だちとのコミュニケーションツールとして使う名刺へと変化したのです。
 この当時は、「プチ・ネームカード(なかよし 1972年4月号)」「ミニ・ネームカード&ネームカード入れ(なかよし 1974年11月号)」「新学期ミニ・カード(なかよし 1975年4月号)」「ペットちゃんのネームカード(なかよし 1976年10月号)」「田渕由美子のスイートカード(りぼん 1976年1月号)」「キノコキノコの名刺カード(りぼん 1977年1月号)」「佐藤真樹のネームカード(りぼん 1977年11月号)」「野口弓子のネーム・カード(りぼん 1979年4月号)」など4月以外にもふろくになっていて、少女たちの間で流行していたことが見てとれます。
 また、「おしゃれなレディのファッションめいし」「もってるとおとなの気分。ちょっと気どって…」といったコピーからも、お仕事してる大人みたいな、オシャレでカッコイイ“オトナ気分”を自分の名刺を持つことで味わいたいという、少女たちの“大人がすることへの憧れ”が伝わってくるようです。

 その後、名刺は1980年代半ばごろから新学期の自己紹介用ツールとして定着し、その時期にあたる4・5月号の定番ふろくになりました。

 1990年代後半からは、「ヘリタコぷーちゃん よろしくカードケース(ちゃお 1996年4月号)」「わんころべえ ネームカードケース(なかよし 1999年4月号)」といった組み立て式の名刺ケースや、名刺として使えるメモパッド「みい子&ぷーちゃん めいしメモパッド(ちゃお 1996年4月号)」も登場します。
 折りたたみレター型の「ワーキング娘。 ひとことレター名刺(なかよし 2000年4月号)」や、はってはがせるシールタイプの「みるくSHAKE! 新学期名刺シール(なかよし 2001年4月号)」など、遊び心と実用性もプラスされ、より気軽に楽しく使えるようになりました。
 こうして、少女たちの生活にもすっかり溶け込んだ名刺。友だちづくりの秘密兵器として、仲良くなりたい子にどんどん渡しちゃいましょう。

 そして、新世紀が始まって10年が経ったころ、新学期の友だちづくりふろくは新たな展開を迎えることとなります。
 “就活”や“婚活”など、ある目的を達成するための活動を“〇活”と略して言う風潮が広まっていますが、2012年ごろから『なかよし』『りぼん』『ちゃお』の誌面やふろくに、“友活〈トモカツ〉”という言葉が登場するようになりました。
 『りぼん』によると、“友活〈トモカツ〉”とは「新しい友だちを作ったり、フツーの友だちを大親友にするために活動するコト」だそう。2012年の4・5月号の2か月連続で、「りぼんで友活〈トモカツ〉はじめよう♪」をキャッチフレーズに、少女たちの新学期の“友活〈トモカツ〉”を完全バックアップするふろくを届けます。 

 まずは、プロフ帳とわけっこシール、ミニレターセットの「新友〈しんゆう〉☆コレクション3点セット(りぼん 2012年4月号)」で、新しい友だち“新友〈しんゆう〉”を作るための活動をサポートします。
 このセットのメインはプロフ帳(34.少女とふろくの歳時記 卒業・思い出づくり  参照)です。友活ステップの説明に「きっかけを作ろー! 新友を作るには、まず話すこと! プロフシートをわたして話すきっかけに♪」とあるとおり、まさに卒業時の思い出づくりだけではなく、新学期の友だちづくりのきっかけという役割も果たすことに。
 新学期のプロフ帳は、「Ciao〈ちゃお〉きせかえプロフ帳(ちゃお 2012年5月号)」もふろくに登場しています。
 次は、カギ付きこうかんノートとふせん、カプセルシールの「絆★コレクション3点セット(りぼん 2012年5月号)」で、仲良しグループがもっと深く結びつけて“心友〈しんゆう〉”になれちゃいます。メインのこうかんノートのカギは4つもついていて、4人までのグループならメンバー全員が持てます。見られたくないグループだけのナイショ話も安心してできるから、これまでよりもっと本音も言い合える仲になれそうです。

 「ちゃおキャラ どでかミラーつき友活メモセット(ちゃお 2013年5月号)」は、イラストや使い道などバラエティに富んだメモを交換することで、友だちとのキズナを結んじゃおうという友活ふろくです。ケースにミラーがついていて身だしなみもチェックできちゃうところが、オシャレに気を使う少女たちに向けたものならではでしょう。

 そして、「最強メガ盛り友活セット(なかよし 2014年5月号)」は、クラス替えプロフ名刺、友活ステッカーシール、名刺パスケースの3点セットです。スタンダードな長方形の名刺だけなく、キャンディやアイス、クマなどかわいさアップの形をしたものや、クリアタイプのものまで40枚も入っています。1970年代の「おなまえカードセット」を新世紀版にバージョンアップといったところでしょうか。「クラ友も、塾友も、おけいこごと友も、なかよしがみんなの友活を成功させちゃう!!」と説明にあるように、学校の外にも友活の対象を広げているところが、幅広い世界を持っているイマドキの少女らしいふろくです。

 人との絆、つながりの大切さを再認識させられた時期に現れた“友活〈トモカツ〉”という言葉と、それを応援するふろくたち。
 少女たちの新学期とこれからの日々が、ふろくを使うことで、さらに明るく楽しいものになれば何よりですね。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

管理人プロフィール

まぼろしチャンネル

  • powered by.

    ...トップページへ移動
無料ブログはココログ