« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の4件の記事

2016年2月16日 (火)

ふろくの花園 30.少女とふろくの歳時記 節分・豆まき

 「鬼は~外! 福は~内!」 2月3日ごろ、このかけ声とともに行われる節分の豆まき。
 小学生のころは、給食にでた豆を見てテンションの上がった男子がぶつけ合いを始めて先生に怒られていたり、家での豆まきが小銭も混ぜた「金まき」だったため、姉と競い合って必死に拾い集めたり、「自分は10粒ぐらいでいいけど、お父さんとお母さんは豆をたくさん食べなくちゃいけなくて大変だなあ」と余計な心配をしたりと、様々な思い出があります。

 「独特のかけ声とともに豆をまいて鬼を追い払う」
 なぜ節分にこのようなことを行うのでしょうか。そもそも、なぜ節分というのでしょうか。

 春、夏、秋、冬、それぞれの季節が始まる日のことを、立春、立夏、立秋、立冬と呼びますが、季節の境目となるそれらの前日のことを、季節を分けるという意味で「節分」といいます。昔は立春、立夏、立秋、立冬の前日をすべて節分と呼んでいましたが、今では特に立春の前日(主に2月3日)を指すようになりました。
 昔は立春が1年の始まりとされていたため、立春の前の日の節分は大みそかに当たりました。奈良時代に中国から伝わった大みそかの行事が、鬼を追い払う宮中の儀式「追儺〈ついな〉」となり節分と結びつき、これが江戸時代に庶民の間にも広まったのが現在の豆まきとされています。
 節分に豆を使うのは、大豆に穀物の霊がやどっていて悪霊を寄せ付けない、邪気を払う、鬼の目を打つ「魔目」、魔物をやっつける「魔滅」など、多くの説があるようです。
 また、「鬼は外」「福は内」という独特のかけ声には、新しい年を迎える前に、豆をまいて家の中にある悪いもの「鬼」を追い払い、幸せやうれしいこと「福」が入ってきますようにという意味が込められていました。

 そして、人気漫画のキャラクターと節分・豆まきを楽しめるふろくも登場しています。

 「ちびまる子ちゃん 豆まき福笑い(りぼん 1991年2月号)」は、「豆まき」をモチーフにお正月の遊びである「福笑い」をやってみようという、年末発売の2月号ならではの、お正月から節分まで楽しめるアイデアゲーム。目かくしをして、顔のパーツと鬼の小道具(ツノ、金棒、虎の毛皮)をはだかん坊まるちゃんの上にのせ、まるちゃんの小鬼を完成させます。

 さて、鬼といえばツノと虎皮というイメージが浮かびますが、鬼は鬼門という北東の方角から来ると考えられていました。昔は北東を「丑寅〈うしとら〉」といったことから、牛のようなツノを生やし、虎皮を身に着けた鬼の姿が生まれたといわれているそうです。

 「赤ずきんチャチャ 節分セット(りぼん 1999年2月号)」は、組み立て式の鬼のツノと豆を入れるマスのセット。鬼役の人はツノをつけて、マスには豆をたくさん入れて、みんなで楽しく豆まきごっこができそうですね。豆まきが終わった後のマスを小物入れとして使えるというアイデアも少女漫画雑誌のふろくらしさがあります。

 近年では、もともと関西地方で盛んだった「恵方巻」の習慣がすっかり全国的に定着したりと、自分の子ども時代とは変わってきた部分もありますが、鬼の面付きのマスに入った豆がスーパーに並んでいるのを目にすると「そろそろ節分が近づいてきたな」と、ワクワクした気持ちになります。

 大人になった今でも、福を招こうと家で豆まきをしていますが、独特のかけ声や鬼のお面、豆をまくというイベント的要素を楽しむだけで、それらの由来や意味をこれまであまり考えたことはありませんでした。

 「年中行事のふろくを通じて、少女たちだけでなく大人たちも改めてその行事のことを知る」

 今回、節分にちなんだふろくを見つけ、その由来や意味に興味を持ったことで、また一つ、ふろくの役割に気付かされました。

※行事・風習の由来については諸説あります

〈参考文献〉
『12か月の絵図鑑 季節を知る・遊ぶ・感じる』長谷川康男 監修 PHP研究所 2015年
『親子でたのしむ日本の行事』平凡社 2014年
『かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 2月のまき』かこさとし 文・絵 小峰書店 2012年
『親子で学ぶ 季節行事とマナーの基本』クレア 編著 毎日コミュニケーションズ 2007年
『まるごとわかる 365日ものしり百科 2月』谷川健一 監修 日本図書センター 2005年

2016年2月19日 (金)

ふろくで合格!

 2月も半ばを過ぎ、受験シーズンもいよいよ大詰めですね。試験を間近に控えたみなさんは、最後の追い込みに入っているのではないでしょうか。
 『りぼん』の昭和62年3月号に、そんな受験生の心強い味方となる“合格応援”ふろくが登場しました。

 写真左:お父さん 合格まねき猫
 写真右:シロちゃん 合格はちまき

 「ついに発明された合格まねき猫と合格はちまき! きみの力強い味方だ。しかし勉強しなくでも大丈夫だと思うな!!」と、まずこのコピーにいきなり喝を入れられてしまいます。

 「合格まねき猫」は、人気漫画『お父さんは心配性』の中心的存在“お父さん”がまねき猫に扮した、組み立てて机の上に置く紙製マスコットです。「受験生には強~い味方。でも、努力しないで合格しようと思っている人には、合格まねき猫はいじわる猫に変身するかも」の説明が。勉強に飽きてしまったときに裏面を見ると、「努力せずに合格しようなんてまだまだ甘い! 世の中はそんなに甘くないぞ!! さあ、勉強するのだ!! それっ! それっ!! さあ!! さあ~~~っ!!」という、漫画の強烈なキャラクターそのまま、お父さんからの叱咤激励があります。厳しさの中にも温かさが垣間見えるこの言葉を受けて、もうひと頑張りできそうです。

 「合格はちまき」は、“シロちゃん”のイラストがついた紙の輪っかを頭にはめるタイプのはちまきです。もちろん“合格”の文字が書かれていて、裏には自分の目標を書く欄もあります。シロちゃんの“魔法のおまじない”もついているので、目標をクリアするため前向きに勉強に取り組めることでしょう。

 少女たちからは、「合格はちまき、テスト前にはいつも使ってます」「そろばんの試験があるので、合格はちまきをまいて、まねき猫を机の上においてがんばってま~す」といったおたよりが届きました。

 紙で作られた雑誌のふろくだけれど、彼女たちにとっては、やる気を後押ししてくれる心強い存在となっていることに違いありません。

2016年2月29日 (月)

ふろくの花園 31.少女とふろくの歳時記 バレンタインデー(前)

 毎年2月14日は、朝から学校中がどことなくそわそわしていました。
 女子はお目当ての男子にチョコレートを渡せるか、男子は女子からチョコレートをもらえるか。
 日本では「女性が好きな男性にチョコレートを贈り、愛の告白をする日」とされているバレンタインデーは、子どもたちにとっても一大イベントとなっています。

 そもそも2月14日のバレンタインデーとは、この日に亡くなったバレンタイン神父をしのぶキリスト教の祝日です。
 古代ローマでは、家族を思うことで戦う力が弱くなるのを防ぐため、皇帝が兵士の結婚を禁じていましたが、バレンタイン神父は兵士たちをひそかに結婚させていました。これが皇帝の知るところとなり、2月14日に処刑されてしまいます。この行いからバレンタイン神父は愛の守護者とみなされ、ローマ神話のジュノーという女神の祭りとも結びつき、のちに欧米で「愛の記念日」として恋人や夫婦がプレゼントを交換するようになる恋人たちの日になったといわれています。

 バレンタインデーの習慣が日本に取り入れられたのは、1936年に神戸のモロゾフが東京の英字新聞にバレンタイン用チョコレートの広告を載せたことが始まりといわれますが、当時の日本では欧米のバレンタインの習慣を知る人もなく、在日欧米人も当時は何の関心も示さなかったそうです。
 戦後の1958年、欧米でバレンタインという恋人同士が花やプレゼントを贈り合う習慣があることを知ったメリーチョコレートが、新宿・伊勢丹でバレンタインチョコレートの販売を始めます。
 バレンタインデーのことを「お菓子屋の陰謀」と冗談交じりで呼んだりすることもありますが、実際、売り上げが落ちる2月の販売戦略として取り入れようという思惑もあったようです。
 しかし、宣伝効果もなくわずかのチョコレートが売れただけで終わりました。翌年、これからの日本人女性は自立した強いひとになってほしいという願いも込め、「年に一度、女性がチョコを贈って愛を告白する日」という新たな解釈を打ち出して、再度バレンタイン・フェアを開催します。ハート型のチョコに名前を彫るサービスも行ったことで女性客が強い関心を示し、数百枚を売り上げました。
 1960年代に入ると雑誌や新聞にバレンタインデーの記事や広告が増え、「女性から“好き”なんて言えない……」と告白をためらっていた人たちの背中を押すようになります。「女性が好きな男性にチョコレートを贈り、愛の告白をする」という日本のバレンタインデーの形式はこのころ固まりますが、チョコレートの贈答という企画がブームを引き起こすまでにはまだ至っていませんでした。
 そして1970年代、これまでの宣伝が功を奏し、日本式バレンタインデーが定着してチョコレート商戦も過熱していきます。

 低年齢層にもこの習慣が広まっていき、『なかよし』『りぼん』『ちゃお』『ひとみ』にもこのころから、「バレンタインペアペアケース(りぼん 1972年2月号)」「亜土ちゃんのバレンタインカード(りぼん 1973年2月号)」「バレンタインカード(ちゃお 1978年2月号)」「プチ・バレンタインカード(なかよし 1979年2月号)」「ラブリー・バレンタインカード(ひとみ 1979年2月号)」などの、バレンタインにちなんだふろくが登場します。

 「2月14日は愛のバレンタイン・デー 女の子から男の子にプロポーズできる日よ!! あなたもステキな男の子にアタックしてね」と、バレンタインデーについての説明をつけて、少女たちに“恋愛”が絡む新しいイベントを紹介しました。

 その後1980年代からは、バレンタイン用グッズが毎年2月号の定番ふろくになり、「好きな男の子にチョコを渡してアタックしちゃおう!」という、少女たちの一大イベントを全面的にバックアップしていきます。

 紙製品がメインであるこの時代のバレンタインふろくの多くは、相手に渡すプレゼントに彩りを添えるギフト用品でした。

 まずは、プレゼントにつけるバレンタイン用カードとレター。
 雑誌生まれのスターが描くイラストの数々は、正直、男子にあげてしまうのはもったいないくらいの美しさです。
 折り方やメッセージの表示方法に工夫をこらしているものもあり、少女たちの遊びごころもくすぐっています。

 プレゼントを入れる袋やミニパッケージは紙だけでなくビニール製もあり、安心してチョコレートを入れられます。袋を止めるタグやビニタイもついているのがとっても親切。
 かわいいシールの数々はプレゼントのワンポイントに使えます。

 「リトル行進曲 マイハートアタック(なかよし 1991年2月号)」は、大きさ10cmほどのハート形ビニール風船。チョコレートと一緒に渡すと、まさに文字通りの“ハートアタック”しちゃうぐらいのインパクトを与えそうですね。

 ギフトボックスは、紙ならではの特性を活かした様々な形や大きさのモノがそろっています。プレゼント用だけでなく、机の上に置いて小物入れとしても使えそうなかわいさです。

 さらに1990年代には、「ぎょぴちゃん てづくりチョコセット(なかよし 1992年2月号)」「ケロちゃんのプリティーチョコ型(なかよし 1997年2月号)」といった、人気漫画のキャラクターのチョコレートがつくれるプラスチック製のチョコレート型も登場します。規制の範囲内で工夫されたこのアイデアグッズは、雑誌生まれのスターが輝いていた時期ならではのふろくでしょう。

 これらのバレンタインふろくで本命チョコも義理チョコもおまかせ! プレゼントの準備はこれで万端です。
 でももう一つ、バレンタイン当日に向けての大事なことが残っています。
 まだまだ準備は終わりません。

※行事・風習の由来については諸説あります

〈参考文献〉
『バレンタインデーの秘密 愛の宗教文化史』浜本隆志 著 平凡社 2015年
『12か月の絵図鑑 季節を知る・遊ぶ・感じる』長谷川康男 監修 PHP研究所 2015年
『親子でたのしむ日本の行事』平凡社 2014年
『かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 2月のまき』かこさとし 文・絵 小峰書店 2012年
『親子で学ぶ 季節行事とマナーの基本』クレア 編著 毎日コミュニケーションズ 2007年
『まるごとわかる 365日ものしり百科 2月』谷川健一 監修 日本図書センター 2005年
『東京の記憶 バレンタインデー』読売新聞 2007年2月12日朝刊

ふろくの花園 32.少女とふろくの歳時記 バレンタインデー(後)

 2月14日のバレンタインデー当日に向けて、チョコレートのプレゼントのほかに準備しておくもの。それは、相手に渡すチョコレートを持つ自分自身です。

 「チョコレートを渡す相手に良い印象をもってもらいたい、そしてあわよくば……」

 本命チョコを準備している少女たちなら、きっと誰もが思っていることでしょう。
 どうしたらバレンタインデーがうまくいくのか、その戦略もふろくがこっそり教えてくれるのです。

 1980年代の終わりごろからギフト用グッズのほかに、「なかよしバレンタインBOOK わたしのファーストバレンタイン作戦(なかよし 1988年2月号)」「香澄ちゃん バレンタイン大作戦BOOK(りぼん 1989年2月号)」「なかよしバレンタインブック(なかよし 1990年2月号)」「バレンタイン大作戦ブック(りぼん 1997年2月号)」「バレンタイン突撃チョコBOOK(りぼん 1998年2月号)」「りぼん特製!! ミニBOOK バレンタイン大作戦!!(りぼん 2000年2月号)」「桐子流バレンタイン必勝BOOK!(なかよし 2003年2月号)」「LOVEバレンタインBOOK(なかよし 2004年2月号)」など、バレンタイン対策用の別冊ふろくが登場しました。
 チョコレートの作り方やラッピング方法だけでなく、好感度を上げるファッションやメイクなどの自分磨き、心理テストで見る相手のタイプ別アタック法や自分にピッタリの渡し方、2月14日の星座別運勢、おまじない作戦、さらにはコスメやショッピンググッズなどのプレゼント企画まで、バレンタインデーの成功率を上げるための数々のテクが満載です。

 さらには、決戦の5日前から1まいずつ水にぬらしてアドバイスをもらう「わんころべえ バレンタインカウントダウン占い(1994年2月号)」や、チョコレート、ファッション、ラッキーアイテム、告白の場所、ラッピングの成功率が占える「バレンタインドキドキあみだ占い(なかよし 2002年2月号)」といったバレンタイン向けの占いも。
 最終的には運にすがってしまう部分もあるのですが、きっと少女たちには大きな助けになったことでしょう。

 これで安心して、バレンタインデー当日を迎えられますね。 

 さて、バレンタインデーに無事チョコレートを渡せたあと、気になるのがホワイトデーのお返しです。
 このホワイトデーは日本生まれの風習で、1978年に福岡の老舗菓子会社・石村萬盛堂がバレンタインデーのお返しとして、3月14日に「マシュマロの日」を作ったことが始まりとされています。その後、1980年に全国飴菓子工業協同組合が3月14日をマシュマロの白色から「ホワイトデー」と名付け、「マシュマロやクッキー、キャンディなどを男性から女性にプレゼントする日」というキャンペーンを始めたことで、バレンタインデーのお返しの日として定着しました。
 「物をもらったらきちんとお返しをする」という、日本人の律義さを表している風習の一つといえるでしょう。

 ホワイトデーはどちらかというと男子主導のイベントになるのですが、これを女子主導にしちゃおうというアイデアがふろくに盛り込まれました。

 ホワイトデー予約券がついたタグで封をする「スイートバレンタインバッグ(なかよし 1989年2月号)」と、ボックスが2つに切り離せて、片方のボックスにお返しを入れてホワイトデーに渡す「バレンタインペアボックス(ちゃお 2000年2月号)」です。

 どちらもバレンタインプレゼント用のギフトパックなのですが、ホワイトデーのお返しをバレンタインデーの時点から予約(という名のおねだり)するという、結構ちゃっかりとした女の子らしさを感じさせるふろくです。でも、元から仲の良い男子相手じゃないと使いにくいような気もします。

 少女たちの小さな恋を応援してくれるバレンタインふろく。ステキな思い出がつくれるといいですね。

 さて、21世紀を迎えて10数年がたった現在、バレンタインふろくは“ホンモノ”ふろくへの進化と同時に、かつてのスタイルとは少し変化をみせています。

 15種類作れる甘かわデコパーツ型とバラエティスウィーツ型の2種類のシリコン型、デコ用のステンシルプレートがセットになった「スウィーツ・カンペキセット(なかよし 2013年2月号)」
 オリジナルシリコン型にラッピングパック、ギフトシールがセットになった「バレンタイン友チョコセット(りぼん 2013年3月号)」
 キュートなチョコが一度に16コ作れるオリジナルシリコン型と、スイーツメッセージペーパー、ギフトシール、クリアパックがセットになった「友チョコおうえんセット(りぼん 2014年3月号)」
 12種類のチョコが作れるパティスリーシリコン型に加えて、メッセージ入りのクッキーが作れるデコクッキースタンプセット、リバーシブルクッキー型がセットになった「友チョコ&クッキー かんぺきセット(りぼん 2015年3月号)」
 大流行の3Dトリュフが8種類作れるアニマルトリュフ型、メッセージ入りチョコが作れるチョコバー型、トレンドのおしゃれマフィンもカンタンに作れるマフィンカップ2コと、話題のお菓子ツールがセットになった「友チョコパーティーセット(りぼん 2016年3月号)」

 これらのふろくは、使いやすさでブームとなったシリコン型を中心とする本格的なお菓子作りキットで、東急ハンズもかっぱ橋もビックリ!! の充実した品揃え。雑誌を買うだけでこれだけのものがもらえるのですからお得ですよね。バレンタインデーでなくても、お菓子を作りたくなっちゃいそうです。

 ふろくの名前に「友チョコ」という言葉が多くついていることからもわかりますが、少女たちの中でのバレンタインデーがここ数年、以前の恋愛的な“告白チョコ”から友だち同士のコミュニケーションがメインへと、意味合いが少しづつ変わりつつあります。「義理チョコ」よりも主体的にチョコレートを贈っている印象を受ける「友チョコ」という呼び名も、周囲との関係性を大切にする今の時代ならではでしょう。

 少女たちの周りだけではなく、大人の世界でも近年のバレンタインデーは「女性が好きな男性にチョコレートを贈り、愛を告白する日」にとどまらず、「友チョコ」のほか、この時期にしか出ない特別なチョコレートを自分へのご褒美として買う「自分チョコ」や、男性から女性へチョコレートを贈る「逆チョコ」、そしてプレゼントもチョコレートに限らず花を贈るなど、多様化してきています。

 「ひとつのチョコレートで親愛の情や日ごろの感謝の気持ちを伝え、それに対してきちんと返礼をする」

 バレンタインデー、そしてホワイトデーは、西洋の風習を元にしていますが、日本人の細やかな心遣いが取り入れられた、とても日本らしいイベントといえるでしょう。
 日ごろはなかなか口に出せない「好き」や「ありがとう」の言葉。1年に一度、そんな気持ちを相手に堂々と伝えられるイベントに、ふろくも一役買っているのです。

※行事・風習の由来については諸説あります

〈参考文献〉
『バレンタインデーの秘密 愛の宗教文化史』浜本隆志 著 平凡社 2015年
『12か月の絵図鑑 季節を知る・遊ぶ・感じる』長谷川康男 監修 PHP研究所 2015年
『親子でたのしむ日本の行事』平凡社 2014年
『かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 2月のまき』かこさとし 文・絵 小峰書店 2012年
『親子で学ぶ 季節行事とマナーの基本』クレア 編著 毎日コミュニケーションズ 2007年
『まるごとわかる 365日ものしり百科 2月』谷川健一 監修 日本図書センター 2005年
『バレンタインデー様変わり 友達、家族“シェア”で楽しむ』産経新聞 2016年2月11日

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

管理人プロフィール

まぼろしチャンネル

  • powered by.

    ...トップページへ移動
無料ブログはココログ