« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の2件の記事

2015年12月20日 (日)

ふろくの花園 26.新世紀のふろくの花園 (4)自分だけのグッズを作ろう!

 21世紀を迎えて数年が経ち、『なかよし』『りぼん』『ちゃお』のふろくは「市販品とほぼ同じ素材を使った“ホンモノ”ふろくの登場」「外部の人気キャラクター・商品を取り入れた“街の人気者”ふろくの再登場」「ファッション性を重視し漫画色を消した“オシャレ”ふろくの登場」と、新世紀の少女たちに向けて生まれ変わりつつあります。
 毎月雑誌を買って、まず最初に開くのが「次号ふろくお知らせ」のページであることは昭和50年代の子ども時代から変わらないのですが、人気まんが家や人気漫画のキャラクターのイラストではない、お店で売っているものと同じようなふろくを目にすると、「こんなモノまでふろくにできるなんてスゴイな~」という純粋な感動と同時に、「昔とは変わっちゃったよな~」と、しみじみ感じてしまいます。
 その中でも特に、市販品とほぼ同等のモノがメインになることで紙の組み立てふろくがほとんど姿を見せなくなったことに対し、少女たちが自分でモノを組み立てることや、創造性(モノがどのようにできているかを考える力)を育む場が少なくなってしまうのではないかという、少女たちの“モノづくり”体験の機会が減ってしまうことを危惧する気持ちを抱いたことも事実です。もちろん、少女たちとハンドメイドとは切っても切り離せない関係ですし、ふろくを組み立てることだけが“モノづくり”ではありませんが、子ども向け雑誌のふろくが持っていた役割の一つが失われてしまったかに思えて、少し寂しくなりました。

 しかし、新世紀のふろくを改めて見ていくことで、決してそんなことはないんだと気付きました。どうしても自分が実際に接していた時代を基準として物事を見てしまい、そこから変わってしまったことをついマイナスにとらえがちなのですが、少し離れたところから客観的な気持ちで見直してみると、その時代に合った良さを感じとることができました。

 ただ完成品を与えているだけと思われがちな“ホンモノ”ふろくも、ちゃんと少女たちの“モノづくり”体験をサポートしているのです。

 少女たちの手作り遊びとして長年親しまれているビーズ手芸は、色とりどりのキラキラしたビーズたちをワイヤーやテグスに通してアクセサリーやマスコットが簡単に作れます。小学生のころはよく、近所のお店でビーズとワイヤーと作り方の紙がセットになった子ども向けのビーズキットを買って、お花や果物、動物のブローチなどを作っていたものです。
 2002~2004年を中心に、ちょうどこのころにビーズで作った携帯電話のストラップやブレスレットなどが流行ったこともあってか、オリジナルのアクセサリーが作れるビーズキットがふろくに登場しました。

 人気TV番組『おはスタ』の「おはガール」とおそろいのアクセサリーや携帯電話のストラップが作れる「3WAYおはガールアクセサリー(ちゃお 2002年9月号)」や、ピンクビーズ15個+透明ビーズ15個+しずくビーズ10個+かいがらビーズ1個+ダイヤビーズ15個のセットで漫画の主人公「マーメイドプリンセスるちあ」とおそろいのアクセサリーが作れる「ぴちぴちアクアブレスレット&キラキラ☆マーメイドリング(なかよし 2003年4月号)」、キラキラピンクの宝石ちっくなビーズとパールビーズがセットになった「ジュエルビーズ アクセサリーセット(ちゃお 2004年12月号)」、とりはずせるハート型チャームもついた「きらきら★ビーズセット(りぼん 2004年7月号)」など、ふろくとはいえ、ビーズの色や形、数もそろっています。これだけでもブレスレットや指輪、ネックレスなどを作れるのですが、さらに市販のビーズも組み合わせることで自分だけのオリジナルアクセサリーを手作りできたのです。

 2008年ごろから、“デコる”や“盛る〈もる〉”という言葉をよく目にするようになりました。“デコる”は「デコレーション」=飾り、飾りつけ、装飾(『デジタル大辞泉』より)することからきた言葉、“盛る〈もる〉”は本来の意味である、積んで高くする、積み上げる、(俗に)化粧を濃くする、大げさに言う(『デジタル大辞泉』より)から、たくさん飾り立てることを指す言葉となっているようです。携帯電話にガラスやアクリルの粒を張り付けてキラキラと飾る“デコ”が若い女性たちの間に広がったことをきっかけに、文房具、アクセサリー、バッグなどの持ち物にも個性的な飾りつけをする=“デコる”、飾りをつけまくる=“盛る〈もる〉”が少女たちの間で一大ムーブメントを巻き起こします。
 「かわいく、かっこよくデコって自分だけのノートやペンケースを作りたいけど、やり方がわからないし、何を使えばいいんだろう……」というデコ初心者の少女たちに向けて、キラキラしたシールや、デコ文字・飾り文字を描くための見本下じき、かわいい模様が簡単に貼れるデコテープやマスキングテープ、ラメが入ったのりペンなど、様々なデコ用アイテムを2008年ごろからふろくに登場させ、少女たちのデコライフをバックアップしました。

 2010年ごろからは、シンプルデザインのノートと、シール、ジェルペン、デコテープ、ホロシート、ステンシルなど全部で10点セットの「めちゃ盛りスーパーデコセット(りぼん 2010年9月号)」、フリータイプのノートと、デコペーパー、シール、ファーシート、プチリボン、レース風デコテープなど、なんと全部で13点セット! ガーリーデコ、ポップデコ、森デコも盛れちゃう「激カワ★メガ盛りデコセット13点!!(りぼん 2011年9月号)」、あこがれのスマホみたいなケースを「きせかえ☆デコシール」と「キャラ☆デコシール」でデコって、“デコ電”気分が味わえちゃう「NY-2011 Autumn Ver. スマホちっくケース(なかよし 2011年11月号)」、50ピースの本物ストーンシールでカチューシャとコンコルドをデコって、オリジナルのアクセサリーが作れる「デコカチューシャ&デココンコルド&デコストーンセット(なかよし 2012年1月号)」、シンプルなペンケースをステッカーとミラーシール、ふせんでデコって自分仕様にアレンジ、大人かわいいマイ空間がつくれちゃう「アレンジ☆ペンケースセット(りぼん 2015年10月号)」などの、デコ用アイテムだけではなく土台となる文房具やアクセサリーもセットにしたトータルパッケージで届けられています。また、これらのデコセットを使った「デココンテスト」「デコり選手権」も各誌で開催され、少女たちの“デコ熱”を感じさせる応募作品が多数寄せられました。“デコ”が少女たちの生活にすっかり根づいたことが見てとれますね。

 2014年ごろから、直径1.5cmほどの小さなカラフルゴムやシリコンバンドを編んで作る、バンドアクセサリーが街中で流行りはじめました。元サッカー選手のベッカムやイギリス王室のキャサリン妃など、海外セレブが愛用するほどのオシャレ度も注目を集めた一因のようです。このバンドアクセサリーを作るためのキットは複数販売されているのですが、その中でも「アメリカで超大人気!」「世界中で1000万個以上売れた大ヒットグッズ!」「ブレスレットキットの本家本元!」「いろ~んな賞をとりまくり★」というふれこみの「Rainbow Loom〈レインボールーム〉」が『なかよし』とコラボ、「Rainbow Loom〈レインボールーム〉スペシャルセット(なかよし 2015年8月号)」としてふろくに登場し、話題になりました。ちなみに「Loom〈ルーム〉」とは英語で「織機」の意味です(『デジタル大辞泉』より)。ミニレインボールーム+編み棒、スイーツチャーム、光るパステルレインボー輪ゴムの3点セットで、『なかよし』でしかゲットできないオリジナルのセットとのこと。もしかして、このセットを手に入れるために『なかよし』を買った大人も数多くいたのではないでしょうか。本誌の約8倍サイズでお友だちとも一緒に見られる特大の作り方説明書もついていて、多数の写真を使って手順を詳しく説明しているのと、完成までにかかる時間の目安も書いてあり、初めてチャレンジする子でも飽きずに編めるよう心配りがされています。

 雑誌を買うだけで、いま話題の新しい手芸が体験できるなんて、少女たちにとっては何よりのプレゼントでしょう。ここでも、“街の人気者”ふろくのパワーを感じとることができるのです。

 少女たちが夏休みにいつも頭を悩ませるのが、自由研究の宿題です。「夏休みの宿題やってない! 自由研究どうしよう!! 楽しくってがんばれる自由研究ってないかなあ~」という少女たちに向けて、『なかよし』が2年続けて自由研究をサポートするふろくを届けました。

 まずは、自分だけのマイファーストカメラで“カメラ女子”になれちゃう「ピンホールカメラセット(2014年9月号)」は、レンズを使わずに針穴(ピンホール)で撮影するピンホールカメラとカメラをデコるためのシール、宿題おたすけブックの3点セット。王冠型のつまみを持ち上げて数秒待って、下げるだけで撮影できるカメラは市販の35ミリフィルムが使えるため、長く愛用できそうです。宿題おたすけブックにはいろいろな場面での写真の撮り方が載っていて、デジタルカメラとは一味違ったオシャレ写真や、なんと心霊写真まで撮れるとのこと。またピンホールカメラのしくみも解説していて、自由研究に直結できる内容となっています。
 そして翌年、さらにパワーアップして登場したのが、手作り万華鏡キット「キラメキ☆万華鏡〈カレイドスコープ〉セット(2015年9月号)」です。万華鏡本体のパーツとミラーシート、着せかえシート、中に入れるホログラムパーツとプラバン、宿題おたすけシートのセットで、万華鏡だけでなく、いま流行中のプラバン作りも体験できちゃうよくばりなセットです。宿題おたすけシートには万華鏡の見え方のしくみのほか、「なぜ熱を加えるとプラバンは縮むのか?」「身の回りにあるものを万華鏡に入れたらどう見える?」など自由研究のヒントが満載です。
 カメラ、万華鏡、プラバンとも、ただ作って遊ぶだけではなく、それらのしくみも学べるという点で、“モノづくり”体験を楽しめるふろくといえるでしょう。

 『なかよし』『りぼん』『ちゃお』のふろくに紙の組み立てふろくがほとんど見られなくなった今、かつての組み立てとは違ったかたちで少女たちの創造性やセンスを育む場が提供されています。完成品をただ与えるだけではない、+αを自分好みにカスタマイズする余地を残したふろく。これは、ある意味デザイン的に完成された人気漫画のキャラクターグッズでは難しいことでした。キャラクター色と少女漫画色をあえて消すことで、使う側のオリジナリティを浮き立たせることができるようになったのです。自分でデザインを考えて、自分だけのモノを作れるのは、新世紀のふろくならではの醍醐味となりました。

 “ホンモノ”ふろくに変わってしまっても、少女たちに“モノづくり”体験をしてほしい、創造性を育んでほしいという作り手の願いは、今でも変わらずに込められているのです。

 新世紀の少女たちはたくさんのモノに囲まれ、たくさんのモノを見て育っているため、かつての少女たちよりも、自分でモノを選ぶ目に自信をもっているように思います。“自分で考えたい・選びたい・決めたい”という意志を持った彼女たちが、自分でデザインを選び、自分で作った、自分だけのグッズを持てることは何よりも魅力的なことなのかもしれません。

〈参考文献〉
『読売新聞』2008年1月19日朝刊「デコ キラキラ」
『日経TRENDY』2014年12月号 日経BP社

2015年12月31日 (木)

ふろくの花園 27.新世紀のふろくの花園 (5)もっと漫画も好きになって!

 近年、日本の漫画・MANGAはいわゆる“クールジャパン”を代表するコンテンツとして海外からも注目を集めていますが、少女漫画雑誌『なかよし』『りぼん』『ちゃお』の発行部数は下降線をたどり、そのふろくもファッション性を重視したために漫画色が薄くなってきています。
 さらに、毎日新聞社と学校図書館協議会が2015年に実施した「第61回学校読書調査」から、小学生が1か月間に読む雑誌の平均冊数が過去30年間でどのくらい変化したかを見てみると、1980年代後半の約10冊をピークとして、2015年は4.0冊と半分以下に減りました。1か月間に全く雑誌を読まなかったという回答も小学生の39%を占めており、子どもたちの間にも雑誌離れの傾向が出てきていることが見てとれます。

 ふろくから漫画が姿を消しても、現在の『なかよし』『りぼん』『ちゃお』が漫画雑誌であることに変わりはありません。子どもたちが雑誌から離れつつある中で、とにかく「雑誌を手に取ってもらいたい、漫画を読んでもらいたい」ことが、作り手側の切なる願いなのでしょう。

 ここ数年、イラストや漫画を描くためのふろくがしばしば登場するようになりました。そこには、すでに漫画が大好きな少女たちの「先生たちのようにステキなイラストが描けるようになりたい」「まんが家になりたい」という気持ちに応えるだけでなく、作り手側からの「“オシャレ”だけでなく、漫画にも興味を持って楽しんでほしい。もっと漫画も好きになって!」という強い思いも込められているのです。

 21世紀を迎えるまでは、「Do!! 少女まんが(ちゃお 1982年5月号)」や「まんが家になろう!-DREAMS COME TRUE(なかよし 1998年4月号)」などの別冊ふろくで、人物や背景、効果線、コマ割り、ストーリーの作り方といった漫画の描き方を紹介していました。漫画独特の表現方法であるカケアミや集中線を、よく真似してえんぴつで自由帳に描いていたものです。

 21世紀を迎えるとイラストや漫画の描き方だけでなく、新世紀の“ホンモノ”ふろくだからこそできる、描くための道具もふろくに登場します。

 うつし絵の要領でイラストが描ける玩具「スララ」の体験版として楽しめる「ちゃおオリジナルスララ(ちゃお 2001年8月号)」を始めとし、テンプレートやカラーペン、ミニ原稿用紙や描き込み式コミックレッスンノートがついた「劇的まんが上達スーパーふろく(ちゃお 2008年1月号)」、えんぴつ型グリップシャーペンと細がきイラストペン0.35を使って、写せるミニスケッチブックにあこがれの本格イラストがスラスラ描けちゃう「本格イラストツール(りぼん 2013年1月号)」、0.5ミリと極細0.35ミリの細がきイラストペン2本セットに憧れのスクリーントーン、トレーシングペーパーと20種類のお手本シートで、なぞって、うつして、すぐ描ける「超カンタン★イラストステップアップセット(2014年1月号)」、ペンをさしてスプレーでシュッとカラーリングできちゃう「ぷにぷにちいちゃん スプレーツール&マジカルスプレーペン5本セット(ちゃお 2015年12月号)」などの“ホンモノ”ふろくで、気軽にイラストや漫画を描くことを楽しめるようになりました。

 そして、さらに進化した本格仕様の道具が「まんが家セット」としてふろくに登場したのです。

 なぞるだけで先生の原画そっくりに描けちゃう原稿用紙や人物レッスンシート、キラキラ修正ペン、本物スクリーントーン、5種類のイラストステンシルなどがセットになった「スーパー最強まんが家セット(なかよし 2013年3月号)」、マジックカラースクリーントーンやオールマイティートレースシートに加えて、下がき専用水色えんぴつと特製カラー筆ペン3本、なぞるだけプロ原稿などがセットになった「進化系まんが家究極セット(なかよし 2013年9月号)」、光るボードでスラスラ写し描きができるライトボックス、絶妙な太さ0.38ミリのオリジナルコミックペン、12種類のスクリーントーン、ミニサイズ原稿用紙などがセットになった「パーフェクトコミックセット!!(ちゃお 2014年3月号)」、ピカピカ光る★トレース台と先生方かきおろしのお手本イラスト、ポーズとり放題の美少女トルソー、うつすだけプロシート、コミックスのカバー&帯もついて自分が作者の本格コミックスが作れちゃう「史上初!コミックスが作れるまんが家セット(なかよし 2015年2月号)」、昨年からサイズも明るさも約1.5倍になった究極ライトBOX、マルチポーズデッサン人形、プロも使ってる0.38ミリのオリジナルコミックペン、ミニ原稿用紙、オリジナルスクリーントーン4枚、リアルまんがテンプレートなどがセットになった「今すぐデビュー!? 究極まんが家セット!!(ちゃお 2015年4月号)」、水色芯シャーペン、つけペンの描き味を再現したりぼんコミックペン、ツヤベタ用筆ペン、りぼん特製原稿用紙、スクリーントーン8柄、作画レッスンシートなど、りぼんまんが家完全監修のプロ仕様で投稿用封筒つき、今すぐまんがを投稿できちゃう「まんが家デビューセット(りぼん 2015年9月号)」と、憧れの先生方が使っているような、憧れのあの道具の数々が雑誌を買うだけで手に入るのです。これらの道具はお店で買うと、やはりある程度の値段になるため、「欲しいけど、自分のお小遣いで揃えるのはちょっと……」とためらっていた少女たちには何よりのプレゼントとなりました。

 この「まんが家セット」には、漫画の描き方や道具の使い方が丁寧に説明されたガイドブックもついているため、漫画がどのように作られているのか、どのように描かれているのか、といった漫画のしくみも知ることができます。これまではただ漫画を読んで楽しんでいただけの少女たちも、学校で使っているモノとはちょっと違ったカッコよさを持つペンを実際に使ってみたり、ガイドブックを読んだりしたことで、「今まで読むだけだったけど、自分でも描いてみようかな」と、漫画の世界にもう一歩深く足を踏み入れたくなることでしょう。そしてこれこそが、「もっと漫画も好きになって、漫画を描くことにも興味を持って、新世代の雑誌生まれのスターとして輝いてほしい」という作り手側の思いにつながることなのです。

 さて、「19.雑誌が生んだ人気者 (2)憧れの先生・まんが家 」で、昭和45年の子どもたちの「なりたい職業」調査で「まんが家」がすでにベスト10入りしていたことにふれましたが、果たして今の少女たちも「まんが家」になりたいと思っているのでしょうか。
 第一生命保険株式会社が全国の未就学児および小学生を対象に1989年から2014年まで毎年実施していた「大人になったらなりたいもの」アンケート調査によると、女子の「まんが家」は2014年の9位と、2009年以来のベスト10入りとなりました。これまで26回の調査のうち11回で9~10位にランクインしています。順位は決して高いわけではなく、毎年必ずしもベスト10入りしているわけではないのですが、なりたい職業として名前があがるということは、「まんが家」はいつの時代でも、少女たちにとっては憧れとなる特別な職業の一つであることに変わりはないのでしょう。ちなみに2010年以降「まんが家」と入れ替わるように「デザイナー」が毎年ベスト10入りしていて、2014年も「まんが家」と同率の9位となっています。これが「ファッションデザイナー」ならば、今の少女たちが“オシャレ”に興味をもっているということが、将来の夢という点からも見てとることができるのです。

 昭和50年代に誕生した雑誌生まれの3大スター、マスコットキャラクター・まんが家・漫画作品の輝きが弱まってきた現在、漫画作品とキャラクター(登場人物)の力だけで漫画雑誌を手に取ってもらうことは難しくなってきています。今後は乳幼児向け雑誌から、市販のキャラクターを取り上げた雑誌を経て、小学生向けファッション誌へ向かうという、『なかよし』『りぼん』『ちゃお』を読むことなく、漫画に興味を持たずに成長していく少女たちも増えてくるかもしれません。雑誌を手に取って、漫画を読んでもらうためには、まず今の少女たちが好きそうなオシャレな小物ふろくで興味を引く必要があるのです。
 「17.新規参入-『ひとみ』の場合(後)」で世の中にまだ認知されていない少女漫画雑誌のふろくについて、「人気作家・漫画に依存しなくても純粋にアイディアで勝負できるふろくは、まだ漫画のことがよくわからない少女たちにも、自分たちの雑誌や漫画の魅力をアピールできる絶好のツールになりえた」と書きましたが、伝統ある『なかよし』『りぼん』も発行部数が急落し、雑誌生まれのスターの存在感が薄まったことで、このふろくの役割・重要性を改めて認識したのではないでしょうか。

 昭和30年代から21世紀の現在まで、60年分のふろくとその時代ごとの特徴を振り返ってきましたが、雑誌とふろくが時代によって姿を変えていったことを感じ取っていただけたかと思います。それぞれの時代を生きる少女たちのニーズに合わせて作り出されるものだからこそ、ふろくは時代を映すものといえるのです。
 市販のグッズを紙で再現した昭和50年代のふろくで育った自分が、昭和30年代の漫画ではない皇室や勉強のふろくを見て驚きと新鮮な感動を覚えたように、新世紀のふろくで育った少女たちは、昭和50年代以前の紙製ふろくを見て同じように感じるのでしょうか。
 21世紀を迎えたばかりの15年前は、『なかよし』『りぼん』『ちゃお』のふろくが現在の姿になることは全く想像していませんでした。今後どのような変化を見せていくのかはわかりませんが、これからも「ふろくの花園」は少女たちとともに咲き続けていってほしいと願っています。

 これまで、それぞれの雑誌と時代を特徴づける様々な花園を巡って参りましたが、このご案内はひとまずここまでといたします。引き続き、園内をお楽しみくださいませ。

〈参考文献〉
「第61回学校読書調査:知識広げるマンガ 文化変えるスマホ」毎日新聞 2015年10月27日朝刊
「第一生命 夏休みこどもミニ作文コンクールアンケート 第26回 大人になったらなりたいもの(2014年7~9月実施)」第一生命保険株式会社 webサイトより

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

管理人プロフィール

まぼろしチャンネル

  • powered by.

    ...トップページへ移動
無料ブログはココログ