« おとめチック☆キューブ・パズル | トップページ | めざせ! ウワサのおじょうさま »

2015年9月 4日 (金)

「プ~ッ」とドッキリさせちゃおう!

 「このイスに座ってください」
 こんな言葉ではじまるドッキリに、ひっかかってしまったことありませんか?

 丸い形をしたゴム製の袋、「ブーブークッション」に空気を入れてふくらまし、イスの上に置いてクッションなどで隠します。気づかずに座ってしまうと「プー」「ブリッ」など恥ずかしい音が鳴り、「あーっ、今○ならしたでしょう!」とあらぬ疑いをかけられてしまうという恐ろしいドッキリです。昭和50年代に放送されていたドッキリ系のTV番組でも、アイドルたちにインタビューと称してこのクッションを仕掛けたイスに座らせる、「ブーブーインタビュー」のコーナーが人気となりました。

 ジョークグッズとして現在でもよく使われている「ブーブークッション」は、「へんな子ちゃんセット プープークッション」(りぼん 昭和43年8月号)のように、昭和40年代からふろくになっていた、少女たちにもなじみのイタズラおもちゃだったのです。

 写真左:スパンクのドッキリプープークッション(なかよし 昭和55年7月号)
 写真右:ドッキリPUPUクッション(なかよし 昭和60年4月号)

 こちらは人気漫画のキャラクターが描かれた、ビニール製の「ブーブークッション」です。「ストローで息をふきこむとらくにふくらみます。またふくらませすぎないように気をつけてね」や「お友だちのざぶとんの下におくの。すわればビックリまちがいなし!」「ふとった人には空気をいっぱいに、やせた人にはちょっぴり(体重のカンケイよ)」といった、まだ「ブーブークッション」で遊んだことのない少女たちにもわかりやすい説明やアドバイスがされています。それだけでなく、事後の影響も考えて、「ただし、パパのたいせつなお客さまなどには、ゼッタイにしないこと」や「ただしやりすぎに注意! 授業中にはしないでね」という注意事項も忘れていません。

 「おかあさんがいつもすわっているいすにおいて、ねぼけ半分のおかあさんにすわってっていったの。そして、Pu-!って大爆音。おかあさんも、やっと目がさめました」や「家庭訪問にきた先生のざぶとんの下にしかけといたら、モロ、ブー! もう爆笑よ」と、してやったりの成功報告の一方で、「弟がすわると、“プッ”とかわいい音なのに、わたしがのると“ブホッ”…… なんか、うらみでもあんのレスか?」と悲しいお便りも。

 これらは子どもだからこそ許されるかわいいイタズラであって、ふろくコーナーの担当編集者が「編集長のイスにおいておこられたのは、わたしです」とコメントしたように、大人がやるとシャレにならないこともあるようですね。

 ふろくを使って、かわいくドッキリさせちゃいました!

« おとめチック☆キューブ・パズル | トップページ | めざせ! ウワサのおじょうさま »

昭和50年代の花園」カテゴリの記事

管理人プロフィール

まぼろしチャンネル

  • powered by.

    ...トップページへ移動
無料ブログはココログ