« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の5件の記事

2015年8月14日 (金)

ふろくでファイト!

 昭和60年代を迎えるころ、“女子プロレス”が再び少女たちを熱狂させました。昭和51~53年ごろに大ブームを巻き起こした「ビューティ・ペア」以来、試合会場は若い女性ファンで埋め尽くされ、ゴールデンタイムにテレビ放送されるほどの人気となったのです。

 そのブームの中心は、ライオネス飛鳥と長与千種のコンビ「クラッシュ・ギャルズ」。昭和58年に結成され、翌59年には「ビューティ・ペア」同様レコードデビューもしています。昭和60年にはブームがさらに加速し、正義のヒロイン「クラッシュ・ギャルズ」と悪役グループ「極悪同盟」(ダンプ松本、ブル中野ほか)+悪徳レフェリー・阿部四郎との闘いは、大きな見どころとなりました。

 そんな女子プロレスの熱いファイトを疑似体験できるふろくが登場します。

 クラッシュ対極悪同盟 レスリングゲーム(なかよし 昭和61年3月号)


 13cm四方の厚紙に穴が2つあいていて、「クラッシュ・ギャルズ」と「極悪同盟」との試合を『なかよし』連載漫画のキャラクターが応援しているというデザインです。ウラには2組のプロフィールも書かれてあって、女子プロレスを知らない子への心配りもなされています。「思わず燃えあがっちゃうオモシロさ。お友だちとあなたの親指を穴に入れて、相手の親指をおさえこむの。十秒おさえこむと勝ちなど、ルールをきめてやってみましょう!」「親指を穴に入れて、相手の親指をおさえこんだほうが勝ち。お友だちと勝負!」という説明どおり、指ずもうで女子プロレス気分を味わってみようというふろくです。少女たちからは「おねえちゃんとおかしのとりあいになっちゃったとき、これで勝負! テレビでプロレス見てるときみたいに燃えちゃった」というおたよりも届き、ふろくでも熱いファイトを楽しんでいたようです。

 美しさや華やかさだけでなく、“強さ”や“カッコよさ”も少女たちの憧れの対象となることは、かつての「ビューティ・ペア」ブームからも見てとることができます。ただ、「クラッシュ・ギャルズ」がブームとなった昭和60年ごろは、男女雇用機会均等法が制定・施行されるなど、女性も男性と同等に社会の中で戦っていかなければ、女性も強くなければという時代を迎えつつありました。そんな時期に“女子プロレス”が女性の人気を集めたのは、強さやカッコよさへの憧れにプラスして、戦う女性への共感もあったからではないでしょうか。

〈参考文献〉
『女子プロレス60年史』(株)ベースボール・マガジン社 2014年
『週刊昭和タイムス 22号』(株)ディアゴスティーニ・ジャパン 2008年

2015年8月20日 (木)

ふろくの花園 21.規制への挑戦 (1)紙でどこまで作れるか

  『なかよし』と『りぼん』が生まれる以前から、雑誌とその付録は、国鉄を使って特別な運賃で日本各地に輸送されていました。円滑に輸送を行うため、国鉄は雑誌特別運賃制度の規定において、付録の大きさや量、使用できる材質一つ一つについて、個数、厚さ、長さ、大きさ、重さなどをこと細かに定めていたのです。そして、雑誌出版社は付録の試作品を国鉄に見せ、規定を満たしているかどうかの許可をもらう必要がありました。許可を得た付録には「昭和○年○月○日国鉄首都付録材質承認第○号」といった承認番号が表示されています。
 『なかよし』と『りぼん』の創刊当初に別冊ふろくが多かったのは、その少し前に少年雑誌の付録合戦が過熱したことによる材質制限が行われたことの影響があったからのようです。また、『ひとみ』昭和34年5月号には、特別運賃で対応できる付録の重量がこれまでより少なくなる規制が実施されたことについて、「こんど国鉄のおじさんたちがいろいろ相談した結果、雑誌のふろくがせいげんされます。そのかわり本誌の方がいままでよりずっとあつくなりますよ」とかかれていて、少女たちにも「国鉄がふろくのことを決めているんだよ」という“大人の事情”をさりげなく知らせていたのです。
 そんな国鉄絶対王政の中でも、日本雑誌協会は昭和31年の設立以降、雑誌出版界の意見・要望をもって国鉄当局と規定についての交渉を何度も重ねてきました。昭和62年の国鉄分割民営化に伴って、昭和61年に雑誌の特別運賃制度は廃止となります。しかし日本雑誌協会は同年、その規定を下敷きとし、取次会社の意見も反映して「雑誌作成上の留意事項」を自主基準としてまとめました。国鉄が姿を消してJRが登場し、トラック輸送が主流となっても、雑誌の円滑な流通のため、付録の大きさや量、材質についての規制は引き継がれることとなったのです。
 ちなみに学研の『学習』と『科学』は、国鉄を使わずにトラックで輸送を行っていたため、材質の制限を受けずにプラスチック製の教材を付録につけることができたそうです。

 昭和50年代のサンリオをはじめとする市販のキャラクターグッズの大流行により、文房具をはじめバッグやインテリア小物などに少女たちのニーズがますます高まっていきます。しかし、お店でステキな新商品を見つけても、限られたおこづかいの中では、財布をあけてため息をつきながら家に帰るということがほとんどでした。
 かわいくて、使えるグッズがもっとたくさん欲しいなあ―― 少女たちのそんな願いに応えるために、付録の規制の中で、制限のない“紙”※合成紙や特殊紙を除くを使ってどれだけ市販品〈ホンモノ〉を再現できるか、少女たちに喜んで使ってもらえる市販品〈ホンモノ〉以上のふろくを届けられるかが作り手側の大きな使命となり、雑誌独自のかわいいイラストが描かれた紙製の実用生活用品が、その規制に挑むかのように次々と作り出されていきました。

 まずは学校や習いごとで使える文房具。プリントを入れておくのに役立つファイルは、ポケットタイプや市販のルーズリーフ・レポート用紙がとじられるバインダー、クリップボード、フラットファイル、ホルダータイプなど種類も豊富です。ペンケースもタテ型やヨコ型、スマートタイプなどがあり、消しゴムや定規もバッチリ入りました。ペンケースやノート、小物などを入れて持ち歩ける大きめのケースも教室移動、社会科見学のときに便利なふろくでした。


 次はおでかけにも使えるバッグ類。スヌーピーのトランクやパティ&ジミーのランチボックスが人気となったころ、「マイ・キャンディ(なかよし 昭和52年5月号)」や「スパンクのWAOWAOレジャートランク(なかよし 昭和56年8月号)」、「デイトバッグ(りぼん 昭和52年10月号)」といった、手提げ式の箱型バッグが登場しています。ハンカチやお財布を入れて、友だちの家に遊びに行くときや家族での小旅行などに持っていきました。


 「おじょうさまポーチ(なかよし 昭和61年9月号)」にはビニール製の輪っかの持ち手がついており、それを手首に通しぶらさげるようにして持ち歩くという、当時流行していたかたちのポーチを見事に再現しています。

 そして、部屋の床に置いたり壁に飾ったりして使う大型の組み立て式ボックスは、その大きさと物をたくさんしまえる実用性だけでなく、えんぴつの形をした「わくわくランドペンシル・ボックス(りぼん 昭和61年12月号)」、缶ジュースのようにプルトップがついた「香澄ちゃん ドン♪ジャン♪プー CAN(りぼん 昭和63年2月号)」、赤い屋根のフタがかわいい「メルヘン・インテリア・ボックス(ひとみ 昭和54年6月号)」、まるで中にアイスクリームが入っているかのような「じゃんぼアイスクリームBOX(なかよし 昭和63年7月号)」、バスの車輪がくるくる回る「チャーミング・ラック(りぼん 昭和55年10月号)」など、思わず楽しい気分になってしまうデザインも少女たちの心をひきつけました。

 特に、「ファンシー・キャビネット(りぼん 昭和54年2月号)」は組み立てると高さ50cmを超える4段の棚になるという超豪華品で、次号予告でこの付録を見たときは、発売日が待ち遠しくてたまりませんでした。これはまさに“紙でここまで作れるんだよ”という、規制に挑んだ作り手側のやる気と気合いを感じさせるふろくの代表的なものと言えるでしょう。

 ひと回り小さいサイズの「空ちゃんのラブリーマガジンラック(なかよし 昭和60年3月号)」、「スパンクのファンシーラック(なかよし 昭和56年2月号)」、「コロポックルのデラックスラック(なかよし 昭和58年3月号)」、「ソーイング・ボックス(りぼん 昭和60年11月号)」などの、机の上に置いて小物を整理できる組み立て式ボックスも実用性が高く人気のふろくでした。

 「香澄ちゃん ミラーつきキャピキャピおしゃれラック(りぼん 昭和62年6月号)」は、上段のフタのウラが鏡のように加工されているためミニドレッサーとしても使うことができ、「園子のドリーミングボックス(なかよし 平成元年7月号)」はフタをあけると細かい仕切りがついていて、お姉さんやお母さんと同じようなアクセサリーケースを持てるというオトナ気分を味わえました。

 これらの組み立て式のふろくは、完成品もさることながら、雑誌に挟まれているときは小さく平らに折りたたまれていたものが、部品を組み合わせると大きく立体的なボックスができあがることに、不思議な感動を覚えたものです。引き出しや棚の仕切りが複雑になっているものは、子どもには難しい角度から部品を差し込んだり組み合わせたりする箇所もあるため、途中で部品を破ってしまいテープで補修しながら組み立てることもしばしばでした。こうしてできあがったときの喜びはひとしおで、一つのものを作り上げることの充実感や達成感をふろくを通じて知らず知らずのうちに学んでいたのです。

 使っているうちに破れてしまったり、カバンの中でつぶれてしまったり、少し重いものを入れると底が抜けてしまったりと、紙製品ならではの限界は確かにありました。それでも、雑誌を買ったらついてくる“ファンシーグッズ(を再現したもの)”は少女たちにとって、時には連載漫画の続きよりも待ち遠しく、市販品〈ホンモノ〉以上に愛着を感じるものでした。少女たちはもちろん、付録の規制のことなどわかりません。しかし、市販品〈ホンモノ〉とは違うけど、このふろくを好きになってほしい、楽しんでほしいという作り手側の気持ちをきちんと受け止めて、ふろくと親しんでいたのでしょう。

 紙製の実用小物ふろくの数々を眺めていると、作り手側の熱意が伝わってくるのと同時に、“職人魂”や“モノづくり日本”という言葉が浮かんできます。限られた条件のなかで、どれだけ良いものを作って提供できるか。まさにモノづくりの醍醐味がふろくの中にも存在しているのです。

〈参考文献〉
『日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史』社団法人 日本雑誌協会、社団法人 日本書籍出版協会 2007年
『雑誌協会報 1999年8月号』社団法人 日本雑誌協会
『「少年」のふろく』串間努 著 光文社 2000年

2015年8月24日 (月)

ふろくでアタック!

 ただいま、ワールドカップバレーボールが絶賛開催中! 来年のリオデジャネイロ五輪出場権をかけて連日熱戦が繰りひろげられています。果たして、全日本チームの勝負のゆくえはいかに――

 昭和40年代を迎え、日本中に空前のバレーボール・ブームが起こります。そのきっかけは何といっても、全日本女子バレーボールチームが昭和39年の東京オリンピックでソ連を破り、日本女子チームとして初めての金メダルに輝いたことでしょう。決勝戦が行われた10月23日のオリンピックTV中継の平均世帯視聴率は66.8%と、スポーツ中継歴代1位の座をいまだに守り続けています。さらに昭和43年のメキシコオリンピックでも銀メダルをとり、“東洋の魔女”という呼び名で、その強さを世界中に知らしめていた時代だったのです。“東洋の魔女”の活躍は日本中の女性に夢と勇気を与え、バレーボールは少女たちにとってあこがれのスポーツとなりました。

 そして昭和43年には『サインはV!』(週刊少女フレンド/昭和44年6月より実写ドラマ放送)や『アタックNo.1』(週刊マーガレット/昭和44年12月よりTVアニメ放送)などの、バレーボールを題材にした漫画やTVの作品も生まれています。『りぼん』でも井出ちかえ先生の『ビバ・バレーボール』が昭和43年9月号より連載されました。

 このバレーボールブームにのって、

 別冊カラーシリーズ ニチボウバレー物語(りぼん 昭和40年5月号)
 バレーボールゲーム(りぼん 昭和45年1月号)
 サインはV! ビクトリーゲーム(なかよし 昭和45年5月号)
 別冊 なかよしコミックデラックス版 サインは
V!(なかよし 昭和45年8月号)

 といった、バレーボールを楽しめるふろくが登場していますが、中でも

 バレーボール手帳(りぼん 昭和44年9月号)は、

 「バレーのことなら何でもわかるすてきな手帳」のコピーどおり、手のひらサイズの手帳の中に、バレーボールの歴史やルール、ユニフォームファッションイラストのほか、トレーニング法、練習予定表、チームの対戦成績、体調管理のために身長・体重記録表など、まるで部活日誌のような充実した内容です。バレーボールが大好きで自分でもやっている子にはもちろん、まだバレーボールのことがよくわからない子にも、とても役に立つふろくとなったことでしょう。

 世の中で人気があるものをダイレクトに表現した、昭和40年代ならではのふろくのひとつですね。

 余談となりますが、昭和30年代からの少女向けふろくを調べていて、3つの“バレ”があることに気付きました。まず昭和30年代から40年代半ばにかけての踊る“バレエ”。当時は“バレー”と表記されることも多かったのです。次に昭和40年代の“バレーボール”、そして3つ目は、昭和50年ごろから現れはじめた“バレンタイン”関連のふろくです。ただのダジャレっぽくもありますが、「少女ふろくの3大“バレ”」と名付けて、こっそり楽しんでいます。

〈参考文献〉
『日の丸女子バレー ニッポンはなぜ強いのか 』吉井妙子 著 文藝春秋 2013年
『週刊昭和タイムス 1号』(株)ディアゴスティーニ・ジャパン 2008年
『日本のアニメ全史』山口康男 編著 テン・ブックス 2004年

2015年8月27日 (木)

ふろくの花園 22.規制への挑戦 (2)水にも強い新素材

 大きさや量、材質といった付録への様々な規制の中で、職人技ともいえる作り手側の熱意のもと、市販の文房具やバッグ、インテリア小物などの実用生活用品が紙によって次々と再現されていきました。しかし、外見上での再現は可能でも、その強度の再現は難しく、紙が持ち合わせる“破れやすさ”と“水ぬれ”という弱点に直面することとなります。そんな中でも作り手側は、新技術と新素材の開発によって、付録作成上の規制だけなく、素材上の規制にも挑んでいったのです。

 これらの新技術と新素材は、主に外で持ち歩いて使うことの多いバッグ類によく使われていました。

 まずは、「サマー・キャンディ」(なかよし 昭和52年7月号)のように紙製の袋にビニールのカバーをかけたもの。市販の紙袋にもよく見られたタイプです。また、「おはようスパンク チャーミングサマーバッグ」(なかよし 昭和54年8月号)は、全てがビニール製という少女たちにとっては超豪華なつくりでした。


 さらに、「りぼにすとバッグ」(りぼん 昭和53年9月号)や「ハミング・バッグ」(りぼん 昭和54年4月号)のような、上質紙にポリプロピレンフィルムを熱接着して圧をかけ、ツヤ出し加工をしたものが登場しました。「水にぬれてもへ~チャラ ツルツルピカピカの超ゴーカ新製品!」「雨にぬれても平気!」などのコピーどおり、表面の防水加工がされています。ツルツルした手ざわりと、ピカピカと光を反射することから、このタイプのバッグは“ツルピカ加工”や“ツルピカバッグ”とよばれ、その後もおなじみのふろくになりました。もう一つ、ポリエチレンフィルムを熱接着して防水加工をしたタイプもありましたが、こちらは“ツルピカ”ではなく、表面はしっとりとしたロウのような感触で光の反射もひかえめとなっています。

 そして昭和55~56年ごろ、バッグ類のふろく予告に“新開発”や“新素材”というキーワードがくりかえし登場します。それらのバッグは不織布や、ポリエチレン、ポリプロピレンといったプラスチック樹脂からつくられた素材を用いており、紙でも布でもビニールでもない、今までになかった水にも強く丈夫な素材のふろくであることを強調していました。この時期に集中してこれらのふろくが登場したのは、昭和53~54年ごろに国鉄が雑誌の付録に特殊紙や不織布の使用を承認したことや、同時期に大手印刷会社の開発担当者が「水に濡れても破れない」「丈夫でかつ中身が透けて見える」素材を積極的に編集部にプッシュして付録への採用を計ったことがあったようです。

 “ビニール製”という言葉だけでも、ものすごく特別で豪華なふろくを期待してしまうのに、「紙でも布でもビニールでもないって、いったいどんなふろくなの?」と、少女たちの心をワクワクさせた、“水にも強い新素材”バッグの代表的なものを予告のコピー(一部)とともに見てみましょう。これらのコピーからも「新開発の新素材でスゴイふろくなんだぞ! どうだ!」という作り手側の熱い気合いが伝わってきます。 


 「メイミーエンジェル アイビーカジュアルバッグ」(なかよし 昭和55年5月号)は不織布製です。
 ・新開発 紙でもない布でもないふしぎな材質
 ・おりたたみ自由 おどろきの強度 ぬれてもかわけばもとどおり
 ・世界であなたがはじめてつかうのよ
 ・どんなに説明しても、説明しきれないすばらしさ。4月3日、とにかく本屋さんにいってみてね
 今やいろいろな製品に使われている不織布ですが、この当時の少女たちにとっては未知の世界だったようです。「おねえちゃんと両はしをもってひっぱりっこしたけどぶじだった」という強度をためしてみたり、バッグの中にわたやパンヤを入れてクッションを作ったというおたよりがありました。

 「MILKY BAG〈ミルキー・バッグ〉」(りぼん 昭和55年1月号)は不織布にポリエチレンをコーティングしたもので、和紙のようにハリがあり、中に入れたものがミルク色にほんのりすけてみえるバッグです。
 ・とってもナウでとってもじょうぶ。新しい素材のユニークな、かかえバッグです

 「スーパー・サマーバッグ」(りぼん 昭和55年8月号)は生地を厚めにしたポリエチレンにパール材を混ぜたもの。
 ・真珠色に光り輝いて、それはもう上品なんだから! いままで見たこともないキョーイのオリジナル品
 ・ぬれた水着をいれてもビクともしない! お水をいれて金魚を泳がせることだってできるのじゃ
 ・紙でも、ビニールでも、布でもない、新開発の丈夫な材質で~す
 本当に水を入れてもこぼれないかを確かめるために、中に水を入れてみたというおたよりがありました。これだけ丈夫さを強調してあると、上の「メイミーエンジェル アイビーカジュアルバッグ」にもありましたが、実際に試してみたくなるものですね。

 「サマービーチバッグ」(なかよし 昭和55年8月号)と「グラフィティサマーバッグ」(りぼん 昭和56年8月号)は不織布とポリエチレンを熱接着したもので、布目がありレジャーシートのような手ざわりです。
 ・夏休みのおでかけは、このバッグ一つあればOK。ぬれた水着をいれちゃうことだってできるもん
 ・わっ おっどろき! 布目もようがはいったふしぎなビニール製 とってもじょうぶでかわゆいの
 ・水にはメチャンコつおいから、ぬれたタオル、水着を入れてもだいじょうぶ
 ・新素材でナウさブッチギリ!!

 「ティムティムスプリングバッグ」(なかよし 昭和56年5月号)は、不織布とポリプロピレンを熱接着したもの。
 ・またまた新開発! ビニールと布の混血児のような材質 当然水なんてへっちゃらさ かわいくってオッドロキ~!
 ・1年間かけて開発した、魅力たっぷりの材質。これをのがしたら後悔しちゃうわよ~! 

 その後昭和60年代を迎えるころには、厚さや大きさの規制をクリアして、全てがビニール製のバッグが定番となっていきます。


 これらの技術の進歩によって、破れや水ぬれを気にすることなく使えるようになっていったふろくのバッグ類は、海やプールなどに行く機会が多い夏の恒例ふろくになりました。
 来年の夏はどんなバッグがふろくにつくのかな―― 少女たちは1年先のことまでも楽しみにしていたのです。

 なお、“ビニール製”とは本来、塩化ビニル樹脂製のものを指すのですが、ふろくの説明では小さい子でもわかりやすいように、ポリエチレン樹脂やポリプロプレン樹脂でつくられたものもひっくるめて、耐水性のある材質を使用したものを“ビニール製”と称していたようです。

 紙製の実用生活用品同様、いろいろな材質と技術を使いながら強度と防水力を上げていったふろくのバッグ類を見ていても、やっぱり“職人魂”や“日本の技術力”という言葉が浮かんできます。工夫と技術力でいかに弱点を克服して、さらに新しいものを作り上げていくか。“モノづくり日本”の真骨頂をふろくの中に見つけることができました。

〈参考文献〉
『トコトンやさしい プラスチック材料の本』高野菊雄 著 日刊工業新聞社 2015年
『不織布活用のための基礎知識』篠原俊一、福岡強、加藤哲也 著 向山泰司 編著 日刊工業新聞社 2012年
『日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史』社団法人 日本雑誌協会、社団法人 日本書籍出版協会 2007年
『「少年」のふろく』串間努 著 光文社 2000年

2015年8月31日 (月)

おとめチック☆キューブ・パズル

 昭和50年代後半、大人も子どももみんな、立方体をした謎のパズルを手に持って、カチャカチャカチャカチャとひねり回していました。ハンガリーのエルノー・ルービック教授が昭和53年に考案し、昭和55年7月25日に日本で発売された「ルービックキューブ」は、1つの面が3×3の正方形ブロックになった立方体で、それぞれの面に白、赤、黄、緑、オレンジ、青の6色がついており、カチャカチャと縦横にひねり回して動かすことができます。その立方体の6面の色がそろっているものを一度崩して、元に戻すというパズルなのですが、なかなかの難易度にもかかわらず初年度に400万個を売り上げ、その後も販売数量が激増するという爆発的な人気で、日本中に“キューブ・フィーバー”ともいえる大ブームを巻き起こしました。

 友だちとの間で、「完全な1面できた!」「6面そろった?」といった言い回しがあいさつ代わりになっていたり、ガチャガチャで当たりとして出てくる“虎の巻”をようやく手に入れて、6面をそろえられる手順を一生懸命覚えたりしたものです。さらに、「ルービックキューブ」は分解することができるため、最終手段としてブロックを全部はずしてバラバラにし、色をそろえて組み立てなおすという力技を繰り出す子も現れました。子どもなりにいろいろな手段を駆使して、憧れの6面を完成させようとしていたのですね。

 そんな“キューブ・フィーバー”の中、登場したのが

 空くん マジック・キューブ(りぼん 昭和56年8月号)です。

 立方体に組み立てた4つの小箱を台にセットして、3側面とも同じ色にそろえたり、4色の色違いになるように並べたり、キャラクターの表情や持ち物などの絵柄でそろえたりと、全部で10通り以上のキューブ遊びが楽しめます。こちらは「キューブ4」という、昭和54年ごろに発売された、立方体の6面を4色に塗った立体4個を柱状に並べて、その4側面とも4色の色違いになるように並べるキューブ・パズルをモデルにしているようです。

 さすがに「ルービックキューブ」と同じ形のものはふろくにならなかったのですが、子どもたちに人気の市販品〈ホンモノ〉を“紙”を使って再現したふろくの一つといえるでしょう。

 また、「遊びの後は、4つのプチ小物入れに早変わり。宝物をしまってね」の説明もあり、小物入れや机の上のアクセサリーとして飾るという実用的な使い方も提案されているところに、少女向けのふろくらしさが感じられます。

 おとめチックの魔法がかかると、人気のキューブ・パズルもただ遊ぶだけのものではなく、かわいい小物入れという、お部屋に飾れて使えるインテリアグッズに変身してしまうのです。

〈参考文献〉
『昭和時代の傑作玩具たち』Quanto10月号増刊 株式会社ネコ・パブリッシング 2003年
『週刊昭和タイムズ 12号』株式会社ディアゴスティーニ・ジャパン 2008年

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

管理人プロフィール

まぼろしチャンネル

  • powered by.

    ...トップページへ移動
無料ブログはココログ