« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の6件の記事

2015年7月 4日 (土)

ふろくの花園 19.雑誌が生んだ人気者 (2)憧れの先生・まんが家

 昭和40年代に入り、少女“漫画”雑誌へと姿を変えつつある『なかよし』と『りぼん』。昭和42年に「りぼん新人賞」が創設され、また昭和44年には「なかよしまんがスクール」がスタートするなど、雑誌が主催する新人まんが賞やまんがスクールから次々と作家がデビューします。昭和40年代後半には、漫画雑誌の要となる漫画作品を生み出す“まんが家”たちが各誌に揃いだし、雑誌独自の持ち味・個性を発信する準備が整っていきました。

 そして昭和50年代を迎えるころから、それぞれの雑誌で執筆していたまんが家たちが雑誌生まれのスターとして、テレビの人気スターのように前面に押し出されていったのです。

 すでに人気を得て活躍している作家だけでなく、デビューして間もない新しい作家も多かったこの頃のふろくは、ショートギャグ・メルヘン枠のマスコットキャラクターや超人気連載を除いて、漫画の登場人物よりもまんが家の名前のほうを主に印象付けていました。「うちの雑誌にはこんなスターがいるんだよ」と、まず名前や絵柄を知ってもらうためだったのでしょう。

 通常は“先生”とよばれているまんが家ですが、その呼び方は低学年の少女にとっては、ちょっと堅苦しくて距離のある存在という印象を与えてしまうかもしれません。そこで各誌は、まんが家たちを下の名前で“○○ちゃん、○○ちゃま、○○タン”などと呼んだり、ニックネームをつけたりすることで、友だちのような親しみやすさを感じさせたのです。

 『なかよし』では、たかなししずえ先生→しい、高橋千鶴先生→ちるる
 『りぼん』では、太刀掛秀子先生→デコタン
 『ちゃお』では、三浦浩子先生→ロコ、池田さとみ先生→トミー、佐香厚子先生→アコ、河野やす子先生→ヤッコ
 『ひとみ』では、イケスミチエコ先生→チーコ、大谷てるみ先生→テリー、田中雅子先生→MAA〈マー〉、英洋子先生→ヨッコ、曽根富美子先生→ふ~みん
 などのニックネームがありました。

 創刊されたばかりの『ちゃお』と『ひとみ』は、やはり新しい雑誌のスターたちを早く知ってもらいたかったのでしょう。「ヤッコのメルヘンケース(ちゃお 昭和54年12月号)」「トミーのタウンバッグ(ちゃお 昭和55年6月号)」「MAA〈マー〉ちゃんのイラスト&ポエムパネル(ひとみ 昭和53年9月号)」「テリーのガリ勉時間わり(ひとみ 昭和54年4月号)」のような、まんが家のニックネームをつけたふろくがよく目につきました。

 また、“○○先生のグッズ”であることを強調する表現のひとつとして、「ちるるチックメルヘンバッグ(なかよし 昭和53年11月号)」「ヨッコチックフィーリングバッグ(ひとみ 昭和54年10月号)」といった“おとめちっく”や“ロマンチック”にならった、“○○(まんが家名)+チック(~的な、~らしい)”という言葉もふろくの名前に使われていました。

 こうして、雑誌発のスターとなっていったまんが家たちですが、テレビのスターと違いまんが家自身がグラビアになることはまずなかった時代でもあり、少女たちは「どんな人がこの漫画を描いているんだろう?」とその姿が見えない神秘性にも憧れを抱いていました。そんな少女たちのために、まんが家の情報を載せたふろくが届けられます。「なかよしまんが新聞 まんが家大百科特集号(昭和51年6月号)」「なかよしまんが新聞 まんが家のひみつ大特集号(昭和54年12月号)」「りぼんコミックノートブック(昭和53年1月号)」「ちゃおまんが家新聞(昭和55年12月号)」などには、憧れのあの先生の生年月日を含むプロフィールや近況報告はもちろん、なんと顔写真まで公開されていました。


 さらに、人気まんが家の生声メッセージが聴けるふろくも登場します。「人気まんが家DJ〈ディスクジョッキー〉レコード(りぼん 昭和46年5月号)」「人気まんが家 声のおたよりレコード(なかよし 昭和55年5月号)」は、どちらも5分程度の赤いソノシートです。


 「人気まんが家DJ〈ディスクジョッキー〉レコード」は題名どおり、一条ゆかり先生、井出ちかえ先生、もりたじゅん先生の3人の人気まんが家が、当時流行していたラジオのDJ番組風に曲紹介やポエム風近況報告、人生相談などをノリノリのトークで進めていきます。
 「人気まんが家 声のおたよりレコード」は、いがらしゆみこ先生、たかなししずえ先生、高橋千鶴先生、原ちえこ先生、牧村ジュン先生、あさぎり夕先生、佐藤まり子先生の7人の人気まんが家が、優雅なワルツ風の音楽にのって近況報告をしていきます。特に原ちえこ先生の「失恋したときに髪をバッサリ切るということをしてみたくて、髪を少しずつ伸ばしている。しかし、失恋をするためにはまず恋をしなくてはいけないことに気が付いた」というメッセージは、なかなか深いものを少女たちに伝えています。
 『なかよし』『りぼん』両誌の人気まんが家の生声メッセージが吹き込まれたソノシート。少女たちはこれを聴くことで、漫画の向こうにいるスターたちの素顔を少しだけでも垣間見ることができたのでしょう。

 テレビのスターと同じように少女たちの心をつかんでいったまんが家たちですが、テレビのスターにとってのブロマイドにあたるものは、まんが家自身の写真ではありません。まんが家にとってのそれは、なんといってもイラストなのです。
 「人気まんが家デラックス原画集(なかよし 昭和54年7月号)」「りぼんギャラリー12(りぼん 昭和55年7月号)」は、雑誌と同じ大きさの上質な紙に印刷された1枚ずつの複製原画集で、少女たちはその美しさをただ部屋に飾って眺めているだけではなく、お気に入りのイラストを、好きなスターの切り抜きと同じように透明のカードケースに入れて学校に持って行き、下じきとして使ったりもしていました。テレビのスターもまんが家の先生も、少女たちにとっては同じスターであったことがよくわかりますね。


 そして、人気まんが家が描いた漫画を読んで、「自分もこんな漫画を描きたい、まんが家になりたい」と憧れをつのらせる少女たちも当然のように現れます。
 朝日新聞 昭和45年11月2日の朝刊記事『現代っ子の「なりたい職業」は…』によると、東京のあるおもちゃメーカーが全国の小学校4年生~中学2年生1000人を対象に「将来なりたい職業」についてアンケート調査をした結果、“まんが家”が女の子のなりたい職業の7位に入っています。これについて「まんが全盛時代の反映か」というコメントがあり、この頃からすでに“まんが家”が子どもたちに職業として認知されていたことがわかります。昭和50年代後半に書かれた自分の小学校の卒業アルバムを調べてみても、クラスに2人ぐらいは将来の夢に“まんが家”をあげていて、子どもの憧れの職業として代表的なものになったといえるでしょう。

 雑誌から生まれ、雑誌の持ち味・個性を確立していく“まんが家”というスター。そのスターに憧れてまんが家をめざす少女たちがまた次のスターになる……
 子どもたちの生活に今や欠かせなくなった“漫画”という文化は、こうして広がっていくのです。

2015年7月17日 (金)

ふろくの花園 20.雑誌が生んだ人気者 (3)連載漫画のTVアニメ化

 各雑誌から生まれていった“まんが家”というスター。昭和50年代後半からは、そのスターたちが描く漫画と登場人物が、雑誌生まれの新たなスターとなっていきます。その流れを強力に推し進めたのが、連載漫画のTVアニメ化という別メディアとのタッグでした。少女たちは雑誌で漫画を楽しみながら、「あの漫画の○○ちゃんや△△ちゃんが動いてしゃべるなんて!」とTVの前でドキドキワクワクしていたものです。

 日本で最初に登場した少女漫画原作のTVアニメは、『魔法使いサリー』(りぼん 昭和41年7月号より連載/昭和41年12月より放送)といわれています。連載当初のタイトルは『魔法使いサニー』だったのですが、TV放送時に商標登録の関係でタイトルを変えざるを得なかったという“大人の事情”があったそうです。
 その他、昭和40年代には『リボンの騎士』(なかよし掲載)や『ひみつのアッコちゃん』(りぼん掲載)がTVアニメになっています。

 昭和50年代に入り、まずスターになった連載漫画と登場人物は、『なかよし』に掲載された『キャンディ・キャンディ』でした。昭和50年4月号に連載が開始された当初から、「おしゃれケース スイート・キャンディ(昭和50年5月号)」「キャンディの貯金箱(昭和50年6月号)」など、主人公の名前をふろくに入れており、登場人物を前面に押し出しています。昭和51年10月のTVアニメ放送開始の際には「なかよしまんが新聞 キャンディ特集号(昭和51年10月号)」で「ビッグニュース! キャンディがいよいよテレビに登場!」と大々的に取り上げられました。

 同じ『なかよし』掲載の『おはようスパンク』(昭和53年2月号および昭和55年10月号より連載)も、昭和56年3月よりTVアニメ化されました。この漫画は連載が一度中断し、絵を描いたたかなししずえ先生はその間に他の作品を連載しています。しかし、連載が中断しているにもかかわらず、毎号のようにスパンクが描かれたふろくがついていたのですから、人気の程がうかがえますね。可愛らしい犬のスパンクは、わんころべえとならぶ『なかよし』のマスコットキャラクターだったのです。


 また、創刊されたばかりの『ちゃお』と『ひとみ』でも、『若草のシャルロット』(ちゃお 昭和53年1月号より連載/昭和52年10月より放送)や『魔女っ子チックル』(ひとみ 創刊号・昭和53年4月号より連載/昭和53年3月より放送)がTVアニメになりました。ただ、この2作品は漫画の連載開始よりもTV放送開始がやや早いため、TVアニメ作品の漫画化といったほうがよいかもしれません。

 昭和50年代の『りぼん』といえば“おとめちっく”の全盛期で、スター作家たちとその絵柄の世界観を前面に押し出し続けていましたが、TVアニメ化された『ときめきトゥナイト』(昭和57年7月号より連載/昭和57年10月より放送)の人気が、作家重視から作品重視への転換点となりました。
 TVアニメにはなっていませんが『月の夜 星の朝』(昭和58年2月号より連載・昭和59年に実写映画化)』や『星の瞳のシルエット』(昭和60年12月号より連載)などの人気漫画を次々に生み出します。『キャンディ・キャンディ』終了後の『なかよし』が発行部数を落としていたこともあってか、昭和56年には発行部数を逆転し、昭和60年には200万部に到達。その後もさらに上昇を続け、「200万乙女のバイブル」と呼ばれるようにもなりました。

 そして、時代が平成に変わると、各誌の連載漫画が競うようにTVアニメ化されはじめ、本格的な漫画作品・キャラクター時代へと突入していきました。その頃にTVアニメ化された少女漫画といえば、なんといっても

 『ちびまる子ちゃん』(りぼん 昭和61年8月号より連載/平成2年1月より放送)
 『美少女戦士セーラームーン』(なかよし 平成4年2月号より連載/平成4年1月より放送)

 の2作品です。『なかよし』『りぼん』を読んでいなくても、この漫画やアニメのことを知っている人は多いでしょう。

 TVアニメを見て漫画のことを知った人が雑誌を買うという、新たな読者を獲得したことで、発行部数が増えていったのです。『なかよし』は昭和50年代後半から発行部数が伸び悩んでいましたが、この『セーラームーン』が大人気となり、平成5年には前年の150万部から210万部と一気に200万部越えを果たし、これが最高の発行部数となりました。『りぼん』の発行部数も平成6年の255万部が最高となっています。

 TVアニメ化された人気漫画が掲載されているということは、雑誌にとって“TVでやってるあの漫画が読める雑誌だよ”というステイタスになります。いかにアニメ化できるような人気漫画・人気キャラクターを生み出すかも、このころの各誌の命題でした。

 ふろくにおいても、アニメになった人気漫画をバックアップするかのように、まんが家のイラストだけではなくアニメ画を使用したものも登場しました。アニメ版のガイドブックや、多くの絵をのせられるトランプなどがよく見られます。これらのふろくはアニメのキャラクターグッズでもあり、通常のアニメグッズはお店に行けば買えますが、ふろくは雑誌を買わないと手に入りません。ふろくが雑誌オリジナルのアニメキャラクターグッズになったことで、その希少性と付加価値がさらに高まっていったのです。

 以下は昭和60年代~平成10年ぐらいまでにTVアニメ化された、各雑誌の主な連載漫画です。

 ★なかよし★
 『きんぎょ注意報』(平成元年2月号より連載/平成3年3月より放送)
 『怪盗セイントテール』(平成6年10月号より連載/平成7年10月より放送)
 『カードキャプターさくら』(平成8年6月号より連載/平成10年4月より放送)


 ★りぼん★
 『ママレード・ボーイ』(平成4年5月号より連載/平成6年3月より放送)
 『赤ずきんチャチャ』(平成4年10月より連載/平成6年1月より放送)
 『こどものおもちゃ』(平成6年8月より連載/平成8年4月より放送)
 『ナースエンジェル りりかSOS』(平成7年1月号より連載/平成7年8月より放送)
 『ご近所物語』(平成7年2月号より連載/平成7年10月より放送)


 ★ちゃお★
 『水色時代』(平成3年6月号より連載/平成8年4月より放送)
 『ウェディングピーチ』(平成6年3月号より連載/平成7年4月より放送)
 ★ひとみ★
 『レディ!!』(昭和61年10月号より連載/昭和62年4月より放送) 

 可愛らしいマスコットキャラクター、芸能界のスターみたいなまんが家、TVアニメ化されるほどの人気を持つ漫画とキャラクター。昭和50年代にそれぞれの雑誌から生まれた3つの人気者〈スター〉の活躍により、各雑誌はキャラクター(個性)を持ち、独自の漫画・キャラクター(登場人物)で競い合える少女漫画雑誌へと姿を変えていきました。
 そしてふろくも、憧れの先生たちが描く漫画の人気が大きくなることで、“○○先生の”というまんが家のグッズから、“(○○先生の)◇◇(という漫画)の△△ちゃんの”という人気漫画のキャラクターグッズの時代に突入していったのです。
 それぞれの庭師によって形造られていった、『なかよし』『りぼん』『ちゃお』『ひとみ』オリジナルの「ふろくの花園」は、昭和50年代から60年代を経て平成に入り、どのような新世紀を迎えることになるのでしょうか。

※文中の発行部数は公称です

〈参考文献〉
『日本のアニメ全史』山口康男 編著 テン・ブックス 2004年
『雑誌新聞総かたろぐ(1979年版~2014年版)』メディア・リサーチ・センター 1979年~2014年

2015年7月21日 (火)

漫画時代の人気スターふろく

 昭和30年の『なかよし』『りぼん』創刊時より、芸能界のスターは数多くふろくに登場しています。しかし、人気まんが家や人気作品が揃い本格的な少女漫画雑誌時代となった昭和50年代でも、当時の超人気スターがふろくになりました。


写真左:たのきんトリオ ひとみアイドルジャンボポスター(ひとみ 昭和55年12月号)
写真右上:ピンク・レディー アイドルスター・ジャンボブロマイド(ひとみ 昭和54年1月号)
写真下左:'82年 りぼん版 アイドル名鑑(りぼん 昭和57年10月号)
写真下中:ピンク・レディーのアクションブック(りぼん 昭和53年7月号)
写真下右:サウスポー★ムービーメモ(なかよし 昭和53年8月号)

 昭和50年代前半、少女たちの間で爆発的な人気だったのは、なんといっても「ピンク・レディー」でしょう。昭和51年8月に「ペッパー警部」で歌手デビューした女性デュオで、これまでの女性歌手にはあまり見られなかった、ミニスカートやホットパンツなどの手足を露出したキラキラの衣装と激しいダンスで、あっという間に日本中の少女たちを虜にしてしまいました。新曲が出るたびに振付を一生懸命覚えて、休み時間になると教室の後ろなどで歌ったり踊ったりしていたものです。「振付を早く覚えたい!」そんな少女たちの願いに応えたのが、昭和53年3月に発売された「サウスポー」の振付をパラパラ漫画のように紹介した別冊ふろくでした。『りぼん』のアクションブックはピンク・レディーの写真、『なかよし』のムービーメモはイラストを使用していますが、パラパラめくると本当に踊っているように見えるのです。特にアクションブックは96カットもあり、「ピンク・レディーが動いてる!」と思わず声が出てしまうほど感動したことを覚えています。

 ふろくには少女たちの好きなもの・欲しいものが詰め込まれているのですから、漫画が雑誌の中心となった時代であっても、スターという存在の影響力をうかがい知ることができるふろくと言えるでしょう。

2015年7月23日 (木)

少年誌の人気者がやってきた!

 『りぼん』のふろくに、少年誌の人気漫画『Dr.スランプ』がやってきました。同じ集英社発行の『週刊少年ジャンプ』にて、昭和55年5・6合併号から連載開始。昭和56年4月からは『Dr.スランプ アラレちゃん』としてTVアニメ化もされ、大ブームを巻き起こした作品でもあります。キュートでパワフルなメガネっ娘アンドロイドのアラレちゃんは少女たちにも大人気で、「んちゃ」「バイちゃ」「ほよよ」「めちゃんこ」などの“アラレ語”は当時の流行語にもなりました。また、メガネをかけている子が「アラレちゃん」と呼ばれたりもしていました。

写真左:Dr.スランプ アラレバッグ(昭和57年2月号)
写真中上:りぼんノートカルテット GREEN NOTE(昭和56年11月号)
写真中下:Dr.スランプ アラレ・ワッペン(昭和56年10月号)
写真右:Dr.スランプ '82めちゃんこ当たるラブラブ占いシール(昭和57年1月号)

 鳥山明先生のイラストはキャラクター性が高く、少女向けのふろくにもピッタリでした。アラレちゃんが好きだけど、男の子の漫画雑誌はちょっと……と思っていた少女たちも、自分が普段読んでいる雑誌を買うことでアラレちゃんグッズを持つことができました。
 この『Dr.スランプ』が少女漫画と少年漫画の垣根を越え、子どもたちに大きな影響を与えた作品であったことが、少女漫画雑誌のふろくからも見て取れるのです。

2015年7月29日 (水)

シ・ゲ・キ的☆カレンダー

 年の初めの恒例ふろくといえば、まんが家の先生方のステキなイラストを1年間楽しめるカレンダーですが、

1986 KISSカレンダー(なかよし 昭和61年1月号)

 は、なんと「ダイタン、カゲキ、ロマンチックなキスがいっぱいのビッグカレンダー!」のコピー通り、前年の12月分+2か月ごとに1枚=7枚のイラストすべてがカップルのキスシーンというドキドキもの。ちょっぴり背伸びをして大人の世界をのぞいてみたい、そんな少女たちの好奇心をくすぐるシ・ゲ・キ的なふろくです。


 大人になってから改めて見ると「小学生女子がこんなモノを部屋に飾るなんて! けしからん!」などとつい思ってしまいます。ですが、自分の小学生時代を振り返ってみると、『なかよし』の漫画を読んで、「おまえが好きだ」→「私も好き」→抱き合う→キス→ハッピーエンドというお決まりコースに胸をときめかせ、「いつか私も……」とこんなシーンに憧れていたこともありました。「けしからん!」はきっと、その時のことを思い出してしまった気恥ずかしさの裏返しなのでしょうね。

2015年7月31日 (金)

「ふろくコーナー」の人気者

 『なかよし』『りぼん』創刊当初のふろくの使い方や遊び方の説明は、別冊ふろくが主だったこともあってか、目次や読み物ページなどの空いているスペースに小さく載せられていただけで、全てのふろくについて書かれているわけではなく、説明が全く載ってない号もあったのです。その後、昭和30年代後半から40年代にかけて小物ふろくが主流になると、全てのふろくの使い方や遊び方を説明するコーナーが毎月載るようになり、
 「ふろくの名案をおよせください。あなたがたによろこんでいただけるふろくはあなたがたのご意見からうまれます」(りぼん 昭和35年ごろ)
 「りぼんのふろくのかわったつかいかたのおたよりぼしゅう」(りぼん 昭和43年ごろ)
 「あなたのおたよりが、すてきなふろくをつくります」(なかよし 昭和47年ごろ)
などの、ふろくについてのおたより募集も始まります。昭和40年代になると、それらのおたよりも次第に誌面で紹介されるようになりました。

 『なかよし』では昭和47年から、ふろくの説明とおたより紹介を一つにした「ふろくコーナー」が誕生。また『りぼん』でも、昭和48年にはおたよりコーナー「ふろくファンルーム」が掲載されていました。

 そして、昭和50年代に入ると「今月のふろくの説明+来月のふろく予告+おたより紹介」の3点セットで構成された、現在のようなふろく情報のページが各誌本格化していきます。

『りぼん』では「ふろくファンルーム」の“ヒゲちょぼ記者”と“リョーコ記者”
『ちゃお』では「ふろく情報」の“かちょー”と“ピザ”
『ひとみ』では「ひとみふろくタウン」の“モッキンさん”

といった、ニックネームをつけてキャラクター化されたふろく担当編集者をそれぞれ進行役におき、少女たちに親しみを感じさせました。

 少女たちから寄せられるおたよりは、ふろくの感想や要望だけではなく、学校での出来事や、好きな男の子のこと、悩みごと相談など様々な内容で、雑誌と読者とのコミュニケーションが毎号活発に行われています。こうして作り手側と受け手側とがきちんと対話をすることで、ふろくは単なる雑誌からの一方的なオマケではない、両方で育てて作り上げる、お互いにとっての大事な宝物となっていったのです。

 そして、ふろく担当の編集者までもが雑誌発の人気者〈スター〉になりました。

 『なかよし』の昭和52年4月号より、「ふろくコーナー」に初めて登場したキャラクター編集者“ふろくMAN”は、イラストでは長髪にサングラスをかけている男性です。本人は2枚目だと思っているけど周りからは突っ込まれまくりという、よくいるいじられ&愛されキャラ。「このふろくよかったよ!」「やい、ふろくMAN、今月の○○は良くないぞ!」などと、少女たちは友だち相手のように気軽に(手紙で)話しかけていました。また、「恋人がいない」「結婚したい」と何かにつけて独身アピールをするため、「ふろくMANさまのふろくをつけて」「ファンクラブを作ったよ」「憧れのふろくMANさま」「ふろくMANの大ファンです」とアイドル視する少女もいて、自称恋人や奥さんが多数現れたりもしていました。さらに、ふろくMANの替え歌や絵かきうたを作ったりと、もうやりたい放題。そんな人気者のふろくMANがついに、

ふろくMANのスポーティースケール(昭和53年11月号)

として「世界のアイドルついに登場!」「かっこいいふろくMANのすてきな定規」のコピーの下、満を持してふろくに登場! したのですが、「ふろくコーナー」にこのふろくの感想が載ることはありませんでした。

 そんな彼も昭和56年3月号にて引退宣言。最後までおちょくられまくりの“ふろくMAN”ですが、ふろくを通じて読者の少女たちを「みんな『なかよし』の仲間なんだよ!」とまとめてくれていた良き兄貴分だったのです。

 いとしのふろくMANさま、今はどこで何をしているのでしょうか……

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

管理人プロフィール

まぼろしチャンネル

  • powered by.

    ...トップページへ移動
無料ブログはココログ